リンジー・ローハン、90日間リハビリ施設に入居

ツイート
リンジー・ローハンが90日間にわたってリハビリ施設に入居することが決まった。リンジーは、2012年6月にカリフォルニアのパシフィック・コースト・ハイウェイで愛車のポルシェをダンプカーに衝突させた際の危険運転と警察官に対する偽証罪の罪に問われており、検察側との土壇場の交渉によって最終的に「罪を認める」かたちとなった。

◆リンジー・ローハン画像

結果、リンジーは薬物依存症治療施設への90日間の入所だけでなく、30日間の社会奉仕活動とすでに2ヶ月間にわたって行っている心理療法を1年半継続するすることを命じられている。リンジーは今後リハビリ終了後にニューヨークで社会奉仕活動に従事することになり、リンジーを担当するマーク・ヘラー弁護士が5月2日にその進捗状況を法廷で説明することになる。

今回の判決に当たって判事は、リンジーに今後「運転しない」ことを勧めており、今回が刑務所入りを免れる最後のチャンスだと警告している。絶縁中の父親ミシェルも出廷し娘の弁護を買って出ていたが、リンジーは治療中はどんな段階にあっても絶対に特定のリハビリ施設から出ることは許されなくなるとのことで、ドラッグの使用はもちろんのことドラッグ使用者との接触が禁じられている他、定期的にドラッグ検査を受けることになる。

今回の判決を受けてヘラー弁護士は「成功と言える結論」に至ったことで安堵しているようで、リンジーが将来的に「尊厳と自信、そして他者への配慮」を持って前向きに人生を立て直すことができると「強く信じている」と語っている。「本件の結論に至って、リンジーは今後完全に過去をクリーンにすることができると思います。本件に際してはそれが最も重要な要素だと考えます」
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス