【インタビュー】柴田淳「全部好きな曲を入れたから、私の中では重量感があって今まで一番好きな作品になった」

ツイート

■こういうことを書いたらあの人は傷つくかなとか
■今まで避けていたことも書いちゃったんです


▲『あなたと見た夢 君のいない朝』初回盤
◆柴田淳『あなたと見た夢 君のいない朝』~拡大画像~

――今回ズバッと書いたことで、その感覚が戻って来たと。

柴田:はい。「私、ちょっと良い子ぶりっこしてたかも」って思ったんです。言い切ったアルバムがまた作れたかな。こなれてきてしまったときは、今思えばかなり客観的に書いてたのかもしれません。その歌の中から書くというより、外側から「作品」を作っているという感覚でした。例えば、自分では気づいてなかったけど、人に自分の気持ちを話したら、“それって、その人のことが好きなんじゃないの?”とか指摘されて、自分の気持ちがわかることってあるじゃないですか。デビュー当時、言い切っていた潔さ、清々しさというか、怖いもの知らずだったときは、それはどういう気持ちなのかわからないまま、自分の本当の気持ちに気づかずに、こう思うっていう気持ちを素直に出しちゃってたんですよね。その歌詞を見て、例えば“こういう女って怖いよね”とか、“こういう女を敵に回すと怖いよね”とか言われたとして、“私ってそういう人だったんだ!”“すごい歌詞書いちゃったんだ!”って、後悔するくらい危険な書き方をしてたんですよ。計算せず思いのままを出しちゃってた(笑)。だから、今作では、“この曲のこの人はこうですよね”って言われるたびに、“そうです”って言いながら青くなる(笑)。

――それくらいリアルということですよね。

柴田:そうなんです。それくらい出さないと私の場合は届かない。私はそうやっていくしかないなって感じました。これってどういうことなのかわからない。でもこう思うから出す。周りの反応がちょっと恐怖だけど。そういうスタイルが一番手応えを感じるので、これからもそういう書き方になってっちゃうと思う。こういうことを書いたら誰か傷つくかなとか思っても、今まで避けていたことも書いちゃったんですよね。


▲『あなたと見た夢 君のいない朝』通常盤
――そういう書き方だからこそ、今作はグサグサ刺さる曲が多いですよね。「嘘」とか。この軽快な曲調と、主人公の女性が秘めてる怖い本音のギャップがたまらない曲ですよね。女性のしたたかさがよく描かれています。

柴田:ふふふ(笑)。笑いながら全部嘘っていうところが怖いですよね。この曲は、もっと歌詞が怖かったの(笑)。私はこういうポップな曲調が苦手なので、歌詞を意味深にすることで中和したんですけど、この曲は「嘘2」「嘘3」まであって。この曲に出てくる“あなた”が、他の女に騙されている歌だったりしたんです(笑)。でも結局、こういう健気な女の子にしておこうと思って。

――「朝靄」も良い曲ですね。

柴田:この仕事をしていると、周りのスタッフって、朝帰ってお昼から仕事に行くっていう人が多いじゃないですか。レコーディングって、そういうスケジュールになっちゃったりすることが多いから。OLさんと付き合ったりしていると、生活リズムが違うんですよね。帰ってきて寝たら、彼女が出て行くっていう感じらしくて。彼女はもしかしたらこういう気持ちで出勤していってるのかなと思って。だから、男性スタッフから“この曲好きなんです”って言われたりするんですよ。あとは、これが別れなのか、日常なのかっていうのが、その人によって感じ方も違うじゃないですか。

――うん。いろいろ想像しました。「魔女の話」もスケールが大きい。これは輪廻?

柴田:こういう話を聞いたので、じゃあ、そういう歌を書いてみようと。魂の世界の話です。この前、友達に占いカフェに連れて行ってもらったんです。タロットカードとかも置いてあって、無料で使えるんですね。カードを展開するのは自分なんだけど、その解釈の仕方をそこにいる占い師さんが無料で解説してくれたりして、そこで聞いた話なんです。生まれ変わりとか、そういう世界もあるのかなぁと思って書いちゃった。

――全体的に聞いてて思ったんですが、アカペラでも成り立つような、アカペラで聴きたい曲が多いなって。特に「朝靄」「道」。演奏がなくても、歌だけでグッとくるメロディばかりで。

柴田:それはすごく嬉しい感想ですね。昔のヒット曲って、アカペラで歌えちゃったりするじゃないですか。それってメロディが強いからなんですよね。だからお風呂で歌えたりする。グルーヴ感がないと歌えない曲って、グルーヴ感が引っ張ってくれてるわけで、あとからメロディが生まれてきたもの。メロディが強いものって、メロディが先で、他をメロディが引っ張って行くんで。名曲ってアカペラでも成立しちゃったりするんですよね。そういうのを目指しているので、褒め過ぎって感じがしますけど(笑)。

――褒め過ぎではないと思います。カバーをやって、メロディの強いものに触れたからなのかなと思いました。

柴田:それはあるかもしれない。お風呂で歌える曲ばかりでしたからね。メロディだけで世界が成立しちゃう、情景が浮かぶっていうのはカバーをやってみて、改めてすごいなと思ったので。それは今まで以上に自分の中にあったのかもしれないですよね。でも、「道」なんかは特にアカペラで作ってるかもしれないですね。ちなみに「道」と「キャッチボール」は、曲を出すときには曲数を増やすために出した曲だったのに、できてみたら一番好きな曲になっちゃったんですよ。

――へぇ~。

柴田:今回のレコーディングは、一曲一曲、今まで以上にじっくり作った気がします。制作が進むにつれて顔が変わるっていうか。好きな曲も制作過程によって変わって行きました。「ノマド」っていう曲は、最初はそんなにインパクトを感じなかったんですけど、終わってみたら、伴奏にとにかく感動して。私の憧れのミュージシャンばかりが演奏してくれていて。そこに思いのほか、自分声のキーが合って、ベストポイントで綺麗に声が出せた。それでこの曲が好きになったし。毎回、どの曲も好きってなるんですけど、自分の中でアルバムを作るということでバランスをとるために、こういう曲も入れなきゃとか、自分の好きとは別の感覚でジャッジして入れることもあるんですが、今回は全部好きな曲を入れたから、私の中では重量感があって、今まで一番好きな作品になったかも。今までは自信がない部分もあったけど、聴いてほしいって本当に言えます。次はライヴで、この曲を届けたいですね。

取材・文●大橋美貴子

9thアルバム『あなたと見た夢 君のいない朝』
3月27日発売
初回盤:VIZL-525 \3,780(tax in)
通常盤:VICL-64009 \3,150(tax in)
[初回盤特典]
1. DVDサイズパッケージ仕様
2. 今作レコーディング中のオフショットなども織り交ぜた、オリジナルフォトブック付き
3. スリーブケース仕様
4. 初回盤封入「ライブ先行予約封入(詳細別途発表)」
[CD収録曲]
01.ノマド
02.あなたの手
03.雲海
04.恋人よ
05.冷めたスープ
06.嘘
07.朝靄
08.魔女の話
09.道
10.キャッチボール

<柴田 淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4>
6/8(土) 三郷市文化会館
[問]三郷市文化会館チケットサービス TEL048-958-9900
[問]ラウンド・アバウト TEL03-3486-6526
6/23(日) 中野サンプラザ
[問]ソーゴー東京 TEL03-3405-9999
6/29(土) 仙台市民会館
[問]ニュース・プロモーション TEL022-266-7555
7/7(日) 福岡市民会館
[問]キョードー西日本 TEL092-714-0159
7/15(月/祝) オリックス劇場
[問]キョードーインフォメーション TEL06-7732-8888
7/19(金) 名古屋市公会堂
[問]サンデーフォークプロモーション TEL052-320-9100
7/25(木) オーチャードホール
[問]ソーゴー東京 TEL03-3405-9999

◆柴田 淳 オフィシャルサイト
◆ビクターエンタテインメント
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス