コカ・コーラで音楽を楽しもう! 1957~2013年の思い出の歌が楽しめるキャンペーン「Share a Coke and a Song」

ツイート
コカ・コーラを買うと思い出の歌が楽しめる! 音楽ファン注目のキャンペーン「Share a Coke and a Song」が実施中だ。

「Share a Coke and a Song」は、西暦がデザインされたコカ・コーラのペットボトルを購入すると、その年の音楽が10曲聴けるというキャンペーン。音楽を聴くには、パソコンまたはスマートフォン(iOS、Android(TM)に対応)のブラウザで専用サイトにアクセス、パッケージに記載された9桁のコードを入力するだけ。ストリーミング配信なので、ダウンロードを待たずにすぐに曲を聴くことができる。


▲キャンペーンサイトの再生画面。画面左にはコード入力欄や各年のプレイリスト、右には選択した年の楽曲が並ぶ。
現在発売されているコカ・コーラのペットボトルには、コカ・コーラが初めて日本に登場した1957年から2013年までの年号がデザインされている。専用サイトで聴けるのは、西暦がデザインされた年のヒット曲を10曲集めたプレイリスト。西暦がデザインされたボトルをたくさん買えば買うほど、多くの曲が聴けるというわけ。コンプリートすれば、500曲以上がいつでもフルに聴けることになる。

プレイリストに並ぶ曲は、洋楽のスタンダード・ナンバーや昭和の歌謡曲から、最新ヒット曲まで。約50年の音楽の歴史に触れられるという点でも非常に楽しいし、新たな発見もあるはず。年ごとのプレイリストだけでなく歴代CM曲や、加藤ミリヤ、清水翔太といったアーティストがセレクトしたプレイリストが紹介されているのも興味深い。

うれしいのは、コカ・コーラを買わなくても各曲30秒まで試聴ができること。プレイリストで試聴して気に入った西暦がデザインされたボトルを店頭で探すという楽しみ方もできるのだ。

また、気に入った曲はTwitterやFacebook、mixiで友だちとシェアすることも可能。友だちがコカ・コーラを買っていなくても30秒の試聴ができるので、気軽にリコメンドできるのもうれしいところ。シェアは、曲単位でも年ごとのプレイリスト単位でもOKだ。


▲気に入った曲をSNSでシェア(画面左)。Twitterでつぶやかれた曲やプレイリストはハッシュタグ#cokemusicでチェックできる(画面中)。ほかの人のオススメをチェックするのも楽しい。対応SNSは3種類(画面右)。
好きだった曲をゲットするはもちろん、自分が生まれた年や、家族、友だちとの思い出の曲をチェックするもよし。話題作りにももってこいだ。さまざまな楽しみ方ができる、音楽好きなら見逃せないキャンペーンだ。

■1,300万曲以上のラインナップが揃う音楽サービスMusic Unlimited

このキャンペーンで聴ける楽曲は、ソニーの定額制音楽サービス「Music Unlimited」(ミュージックアンリミテッド)で提供されているものの一部。本キャンペーンはコカ・コーラと「Music Unlimited」のコラボキャンペーンなのだ。

「Music Unlimited」は1,300万曲以上もの膨大なラインナップから、気になる曲をいつでも好きなだけ聴くことができる有料サービス。利用には30日間980円が必要だが、こちらも各曲30秒までの無料試聴が可能。膨大な楽曲をジャケットを見ながら次々チェックしていくだけでも非常に楽しめる。とにかく、その曲数の多さは圧倒的だ。

サービスに加入するとフルバージョンが聴けるのはもちろん、好きなアーティストだけを集めたプレイリストが作成できたり、より高音質での再生が可能になる。新しい音楽の楽しみ方を提供してくれる環境が揃っているのだ。

そして、うれしいことに現在30日間無料体験できるキャンペーンが実施中。さらにウォークマンやPlayStation Vita(R)、PlayStation 3(R)、Xperia Tablet Zといった「Music Unlimited」対応機器や、BENIのスペシャル・ライヴが抽選で当たるキャンペーンも行われている。こちらも要チェックだ。

BARKSでは、「Music Unlimited」の楽しみ方を紹介する特集を只今準備中だ。1,300万曲以上が聴き放題の音楽サービス「Music Unlimited」の魅力をたっぷりお見せする。お楽しみに。

◆キャンペーンサイト - コカ・コーラ(Coca-Cola)公式ブランドサイト
◆Music Unlimited
この記事をツイート

この記事の関連情報