Cheeky Parade、アプガ、アフィリア、パティロケ、しゃちほこと激突。まさかの“妹分”剥奪へ

twitterツイート

小生意気で攻撃的なアイドルといえば、Cheeky Parade。彼女たちが3月31日、新宿BLAZEにて<Cheeky Parade アイドルグランプリ~大人の事情なんて不必要!?グループ対抗頂上決戦!~>を開催し、昼夜公演あわせて4組のアイドルグループと対バン。この日、計37人のアイドルたちが新宿の街で熱いパフォーマンスを繰り広げた。

◆<Cheeky Parade アイドルグランプリ~大人の事情なんて不必要!?グループ対抗頂上決戦!~> 画像

昼公演に登場したのは、アップアップガールズ(仮)と、アフィリア・サーガ、Party Rocketsの3組。勝負審査員に安田大サーカスのクロちゃんを迎えて、なんとパフォーマンス順番決めからガチ勝負。Cheeky Paradeの鈴木ゆりやが「まず、第一回戦!ロシアンルーレット! 4個のチョコの中に一つだけ、ハバネロが入っています!」と伝えると、他3組のメンバーはびっくり。リーダー対決となったロシアンルーレットに見事(?)当たったParty Rocketsが1番手、続いてアフィリア・サーガ、最後2組の対決となり、アップアップガールズ(仮)の仙石みなみとCheeky Paradeの関根が最終決戦。関根が勝利をおさめ、3番手がアップアップガールズ(仮)、Cheeky Paradeがラストを飾った。

全組のパフォーマンス終了後、審査員・クロちゃんの審査発表。しかしクロちゃんからは「優勝なんて決められない! 全組優勝!」という審査結果が発表される。騒然とする会場。しかしここでCheeky Parade鈴木友梨耶が「ともあろうかと、用意しときましたよ! これ!」と騒音測定器を出してくる。

ファンの声援を騒音測定器で測るという荒業の判定で、わずか数デシベルの差で勝ったのはCheeky Parade。見事、賞品の1粒2,000円の高級いちごをゲットした。

2部に登場したのは、今回の<Cheeky Parade アイドルグランプリ~大人の事情なんて不必要!?グループ対抗頂上決戦!~>開催をCheeky Paradeが発表し、堂々と「対バン相手募集」を宣戦布告した際に、いち早く反応したチームしゃちほこ。SUPER☆GiRLの妹分・Cheeky Paradeと、ももいろクローバーZの(自称)妹分・チームしゃちほこ。夜公演は、負けたほうが“妹分”剥奪という真剣対決となった。

そしてこの勝負を白黒はっきりつけるために導入されたのは、まさかのカロリー計測定。ライブ中のカロリー消費量で勝者を決めよう、という具合だ。

激しさを増す夜公演。とはいえ、チィキィもしゃちほこもパフォーマンスには各チームサプライズ演出を入れており、チームしゃちほこはCheeky Paradeの振り付けを、Cheeky Paradeは曲中にチームしゃちほこの振り付けを入れるという、レアな演出にファンも釘付けの様子だった。

さらに本編の最後には、Cheeky Parade曲でのコラボレーションもあり、「しゃちぃきぃパレード」が本日限定で誕生。“妹分”が“お姉さん分”への距離を縮めるかの様な、圧巻のパフォーマンスに歓声があがった。

肝心の対決は、僅差でチームしゃちほこが勝利。Cheeky Paradeは“妹分”の肩書きを剥奪されるという結末に。しかしこれでは終われない。第2回<アイドルグランプリ>の5月開催が発表されたのだ。

Cheeky Paradeは、“妹分”奪還を目指す……のか?

◆かわいこちゃんねる
◆Cheeky Parade オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス