【ライブレポート】フォール・アウト・ボーイ「英語でシンガロングしてくれてて、すごく感動してる」

ツイート

2013年、新作の発表とともに活動再開のニュースが世界を駆け巡ったフォール・アウト・ボーイだが、8月の<サマーソニック>出演に先駆け、一夜限りのプレミアライヴが開催されました。4月2日、リキッドルームで行なわれたプレミアライヴだが、当然ながらチケットは発売後即日完売、当日はモッシュの嵐に身体を委ねるロック・オーディエンスが会場を埋め尽くした。

◆フォール・アウト・ボーイ画像

今回、アルバム『セイヴ・ロックンロール-FOBのロックンロール宣言!』のプロモーションと、このプレミアライヴのために来日を果たした彼らだが、久しぶりの日本でも積極的に活動し、顔なじみのスタッフにも笑顔で挨拶を交わし、活動停止中に止まっていた時計の針を再び動かし始めた様子だった。

このプレミアムライヴでも、開場から待ち構えていたファンが、ポスターの前で写真を撮影したり、ファン同士で交流するなど、開演前から楽しんでいる様子。ライヴがスタートし、フォール・アウト・ボーイが登場すると怒涛の声援が鳴り響き、「スリラー」を1曲目からぶちかまし、会場のテンションをしょっぱなから沸騰させる。「アイ・ドント・ケア」から、今回のアルバムのリード・トラック「僕の歌は知っている」が始まると、場内はファンの歌声で大きく揺れる。アンコールでは、ニュー・アルバムに収録される「ザ・フェニックス」が世界で初披露され、日本のファンにとっては何よりのプレゼントとなった。最後はライヴでのアンセムとなっている「サタデイ」で締めくくられ、熱狂の一夜は幕を閉じた。

日本でも本格的に活動の一歩を踏み出したフォール・アウト・ボーイは「僕たちは何回も日本には来てるけど、今回初めて桜を見ることができたよ。すごく綺麗だった。でも、桜よりも今見えてるこの光景が何よりも1番綺麗だよ。あと、みんな僕たちの歌に英語でシンガロングしてくれてて今、すごく感動してる。アリガトウゴザイマス!」とコメントし、「サマーソニックでまた戻ってきます。それまでは最高に仕上がったアルバムを聞いて、待ってて下さい」と嬉しそうに話した。

8月のサマソニは、大きなウェーブが起きそうだ。

Photo credit by YOSHIKA HORITA

アルバム『セイヴ・ロックンロール-FOBのロックンロール宣言!』
2013年4月17日発売
初回生産限定デラックス盤<日本独自企画盤>CD+DVD:UICL-9105 3,000円(税込)
通常盤 UICL-1123 2,300円(税込)
1.ザ・フェニックス
2.僕の歌は知っている
3.アローン・トゥギャザー
4.ホエア・ディッド・ザ・パーティー・ゴー
5.ジャスト・ワン・イエスタデイfeat.フォクシーズ
6.ザ・マイティ・フォール feat.ビッグ・ショーン
7.ミス・ミッシング・ユー
8.デス・ヴァレー
9.ヤング・ヴォルケイノーズ
10.ラタタット feat. コートニー・ラヴ
11.セイヴ・ロックンロール feat.エルトン・ジョン
12.僕の歌は知っている -2チェインズ・リミックス※日本盤ボーナス・トラック
DVD*デラックス盤のみ
「僕の歌は知っている」ミュージック・ビデオ
アルバム収録楽曲解説
https://itunes.apple.com/jp/album/my-songs-know-what-you-did/id598308805?i=598308833
https://itunes.apple.com/jp/album/save-rock-and-roll/id626144359

<サマーソニック 2013>
2013年8月10日(土)/11日(日)
@東京:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
@大阪:舞洲サマーソニック特設会場
http://www.summersonic.com

◆フォール・アウト・ボーイ・オフィシャルサイト
◆フォール・アウト・ボーイ・オフィシャルサイト(海外)
この記事をツイート

この記事の関連情報