マイケル・ジャクソン、死の直前にステージ上で暗殺されることを恐れる

ツイート
マイケル・ジャクソンは死の直前、ステージ上で暗殺されることを恐れていたらしい。

◆マイケル・ジャクソン画像

ロンドンのO2アリーナで50日間にわたり<This Is It>公演を行うことをツアープロモーターのAEG社に承諾していたマイケルだが、アメリカとは違い銃規制のあるイギリスだからこそ自分の身が守られると考えていたようだ。

マイケルの友人であるジェイソン・ファイファーは今回、英ザ・サン・オン・サンデー紙に「最後にマイケルに会った時、彼は事務所の全員にさよならを言っていたんです。あたかも自分がもう戻ってこないことを悟っていたかのようでした。実際、生前いつも自分がステージ上で銃殺されるのではないかと漏らしていたんです。さらにマイケルは、イングランドは銃規制の法律があるから、カムバックする場所はイギリスだと言っていました。アメリカでは国民が銃を手に入れることができるので殺される可能性がありますから、アメリカでの復帰は取り止めたというわけです。アメリカはあまりにも危険な国だと思っていたようですね。それでもやはりステージで銃殺される不安を払拭できなかったんです」と明かしている。

マイケルを担当していた皮膚科医であるアーノルド・クライン医師の事務所のマネージャーを務めていたジェイソンはさらに、より強い鎮痛剤を処方してもらうためにマイケルは「仮病を使って」いて、「巨大な象をも倒せるくらいの」多量の薬を求めていたとも明かしている。

「マイケルはドラッグ中毒で死ぬことを望んでいました。仮病を使うことで、かなり強い鎮痛剤のデメロールを処方してもらっていたんです。普通の処方量ではもう効き目がないことを知っていた彼は、余分な量を懇願していたというわけです」

マイケルの母親キャサリン・ジャクソンは、現在AEG側に400億ドル(約3兆8000円)以上の巨額賠償金を求めて訴訟を起こしており、法廷は今後最長3ヶ月に渡って続く見込みとなっている。
この記事をツイート

この記事の関連情報