EXILE TAKAHIRO、初のソロシングル「一千一秒」6月リリース。蜷川実花監督のMVも公開

twitterツイート

EXILEのTAKAHIROが、6月に1stソロ・シングルをリリースすることが決定し、早くもミュージックビデオが公開された。

◆EXILE TAKAHIRO 「一千一秒」 画像

2006年にEXILEに加入し、ボーカルとしてATSUSHIのパートナーを担い、大きな経験とともに成長を遂げてきたTAKAHIRO。そんな彼の第1弾シングルは、狂おしいほどの恋心を歌った“禁断のラブ・バラード”とも言える「一千一秒」。歌詞はEXILE「Bloom」などを手掛けた小竹正人にTAKAHIRO自ら作詞を依頼して制作された。

ミュージックビデオは、映画『ヘルタースケルター』の蜷川実花が監督。どこにでもある“現実世界”と、びしょ濡れのTAKAHIROに薔薇が降り注ぐという、ありえないような“幻想世界”という二つの真逆な世界感を融合させた映像となっている。

また、ジャケット写真も蜷川実花が撮りおろしており、こちらは女の子たちが思わず見とれてしまう程の艶っぽいTAKAHIROの写真となっている。ブックレットにはどんな写真が展開されるのか、それもまたファンなら気になるところだ。

そしてカップリングには、先行でオンエアされファンの間ではすでに話題のNTTコミュニケーションズ「050 plus」CMソング「with...」をはじめ、TAKAHIRO自身がそれぞれに“想い”を込めて詞を書き上げた3曲のバラードを収録する。


◆EXILE オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報