リアム・ギャラガー、オリンピック閉会式パーティーで交わしたノエルとの会話を明かす

twitterツイート
リアム・ギャラガーが、ロンドン・オリンピック閉会式のアフター・ショウ・パーティーで兄ノエルと交わした会話の内容を明かした。さすがに喧嘩にはならなかったが、話すことはあまりなかったという。

◆リアム・ギャラガー画像

リアムは『ShortList』マガジンにこう明かした。「まあまあだったな。俺はそれほど酔ってなかった。シャンパン4本飲んだだけで、でも、俺は結構、感じよかったと思うぜ。“で、どうだった?”って訊いたら、あいつは“ああ、まあまあだったな”って答えた。それから、“あっちでお前の友人に会ったよ、ハローって言われた”って言ったら、“誰?”って訊くからテイク・ザットだって答えた。“あー”って言ってた。それだけだ。俺はそれで背を向けた。そしたら、みんなが“彼と話してるじゃん”って言うから、“違うね、飲んでるだけだ”って言ったんだ。それだけだ」

また、リアムはスウェードのブレット・アンダーソンとの仲は修復したものの、ノエルのようにデーモン・アルバーンと仲良くするつもりはないそうだ。「子供の学校でばったりブレットに会った。あいつのことはいいんだ。昔は攻撃してきたから、攻撃し返してただけだ。でも、年取るとな。少なくとも、俺はデーモン・アルバーンとハグして、ギグやるつもりはないけどさ」

ビーディ・アイは、6月10日にニュー・アルバム『BE』をリリース。バンドは現在、UKで新作のプロモーション活動に忙しいが、カサビアンを脱退し加入した新ベーシスト、ジェイ・メーラーは水疱瘡にかかり欠席しているという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報