【ライヴレポート】<CAPITAL RADIO'13>6バンドが怒涛の競演を果たした2日間

ツイート

■4月6日 出演:TOMOVSKY、DOES、SCOOBIE DO

音楽ファンなら一度は見かけたことがあるかもしれない、京都を拠点に音楽をモチーフにしたTシャツブランド「CAPITAL RADIO ONE」(以下、キャピタル)が関西の名物イベンター清水音泉とコンビを組んで、2008年から毎年開催しているイベントが今年も4月6日・7日の2日間にわたって開催。「記録より記憶に残るライブ」をコンセプトに掲げ、ライヴに定評のあるアーティスト6組が集まり、春の嵐が吹き荒れた京都の夜を大いに沸かしてくれた。

初日の出演者は、バンドTOMOVSKY、DOES、SCOOBIE DOと本イベントでの常連であるメンツがそろった。前説でCAPITAL RADIO ONE・梶氏がド●ゴンボールの悟空のコスプレで登場しMCで会場をゆるりと温め、1番手であるバンドTOMOVSKYへとつなぐ。

この日1番の年長者でもあるバンドTOMOVSKYは、1曲目「歌う47歳」からゆったり、じんわりと温かい空気を作り出す。続く「脳」、ポップなギターメロで”理不尽だ やるせない”なんともキッチュな世界観をバンドサウンドにがっちりと落とし込んで“バンド”TOMOVSKYをがっつりと感じさせてくれる。「東京じゃ、こんな組み合わせはありえない!」と言いながらも自身もこの日を楽しんでいるのがばっちりと伝わる。ジャンルは違えど”ライヴ”は楽しいんだってことが直感で伝わる。「無計画とゆう名の壮大な計画」、「我に返るスキマを埋めろ」とロックだけどなんだか柔らかい、なんともいえない不思議な魅力でオーディエンスを惹きつけると、ラスト「スポンジマン」まで”とにかく楽しんだもん勝ち!”なステージを披露してくれた。

さきほどまでの柔らかい空気から一転、緊張感あるビリビリとしたダイナミックなロックを魅せてくれたDOES。「S.O.S.O」で1曲目から爆発音をぶっ放していく。赤塚ヤスシの滑らかでいて太いベースがオーディエンスを躍らせる「シンクロニズム」、軽快なビートが特徴の「ナイスデイ」と淡々と突き進む楽曲陣。さらに新曲「ブラック・チェリー」を披露。氏原ワタルの声が渋さを増し煙がたゆたうような、気だるげなスローなテンポの中に近寄りがたい沸々とした血がたぎる力強い楽曲は、薫り高く色気すら感じさせる。今年結成10周年を迎えた彼ら、7曲目「今を生きる」でタイトルと同じく声高らかにバンドの進化を宣言すると、1stシングル「明日は来るのか」を披露。過去、現在、そしてこれから…。ブレもなく、進行形で突き進んでいる姿は力強い。終盤に向け、「バクチ・ダンサー」で森田ケーサクのドラムがより迫力を増し、最後の新曲「殺伐とラブニア」まで激しいビートをオーディエンスに浴びせまくり、全10曲をハイスピードで突き進んでいった。

そしてこの日のトリはSCOOBIE DO。ドラムロールと共にコヤマシュウの掛け声でパーティが始まると、1曲目「トラウマティック・ガール」から安定感抜群のステージは遊び心たっぷりだ。「ロックンロールで人間を辞めないかー!」とオーディエンスを煽ると、続く「アフィルグ」「The Thing」でナガイケジョーのベースがキレッキレのリズムで踊らせる。マツキタイジロウの巧みなギターサウンドは一切のスキを見せず楽曲を華やかに彩る。5曲目「ミラクルズ」ではスマートなスーツ姿の4人からソウルが次々に溢れ出す。オカモト“MOBY”タクヤのタイトなリズムが会場を弾けさせる。「ロックンロールは役立たずだけど無害、君とオレたちが楽しいだけなんだ!」と新曲「かんぺきな未完成品」を披露。ギターがかき鳴らされ、ガムシャラに突き進むロックンロールは気持ちをどんどん囃し立て、初耳のオーディエンスさえ全力で踊りだす。5月15日に同タイトルのアルバムをリリースする彼ら、勢いを増す楽曲陣に新作への期待が増すばかりだ。セクシーでコミカルなのに締める所はガッツリと男らしい、次々に繰り出す楽曲陣はどれもドデカイロックンロールで最後の「Little Sweet Lover」まであっという間、全9曲で本編が終了。そしてアンコール「夕焼けのメロディー」、喜怒哀楽一切合切をかっさらってくれるナンバーでこの日のステージを締めた。

そして再び、主催であるキャピタル・梶氏が登場し出演者全員を呼び込み感謝の言葉を述べつつ、ド●ゴンボールに見立てたサインボールを投げ込み1日目が終了した。

取材・文●黒田奈保子
撮影:渡辺一生(SLOT PHOTOGRAPHIC)

◆<CAPITAL RADIO'13>2日目へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス