高橋真梨子、レコードデビュー40周年記念作品にはセルフカバー集も初収録

ツイート

1973年、ペドロ&カプリシャス2代目ボーカリストとしてシングル「ジョニィへの伝言」でレコードデビューした高橋真梨子が、2013年3月10日をもって、いよいよ記念すべき歌手生活40周年に突入。6月5日には40周年を総括する記念作品集をリリースすることが決定した。作品集のタイトルは『高橋40年』。

3枚組となるベスト作品集は、DISC-1が『Premium Disc』と題して、シンガーのスタートとなった「ジョニィへの伝言」や「はがゆい唇」「for you…」「ごめんね…」など、高橋真梨子を語るのに外すことのできない全16曲を収録。DISC-2の『Mariko's Disc』は、高橋真梨子自身がセレクトした歌手生活40年の集大成盤となっており、コンサートのラストを飾ることの多い「THANKS」やリレハンメル・オリンピックNHKテーマソング「遥かな人へ」、今現在もCMで放送中の「LIFE」など全16曲が収録される。

そして注目はDISC-3の『Anniversary Disc』。こちらは、新曲2曲のほか、「桃色吐息」「五番街のマリーヘ(FIFTH AVENUE)」「陽かげりの街」など、ペドロ&カプリシャス時代からソロ楽曲までを網羅した形での初となるセルフカバー集となる。

また、期間限定盤にはヒストリー・ライブ映像集やCM集、商品化初となるミュージックビデオ、その他の秘蔵映像などをふんだんに収録したDVDを同梱。映像で振り返る高橋真梨子40年史と言っても過言ではない、ファン待望の映像集となる。

そんな高橋真梨子は、6月9日から恒例の全国コンサート・ツアーを今年も埼玉県川口リリアメインホールよりスタートさせる。ソロに転向した1978年から一度も途切れることなく継続している全国規模のコンサートツアーは、世界的にも稀有な“2013年で35年連続37回目”という快挙だ。本年も全42公演が予定されている。

◆高橋真梨子 40周年記念サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報