【イベントレポート】<LIVE SUPERNOVA Vol.82>、グッドモーニングアメリカ、The Flickers、Brian the Sun登場

ツイート

▲Brian the Sun
▲The Flickers
▲グッドモーニングアメリカ
▲藤田琢己
4月17日(水)SHIBUYA O-nestで「TOKYO REAL-EYES」のプロデュースによるライブイベント<LIVE SUPERNOVA>が開催された。「新しい音楽=SUPERNOVA(超新星)との出会い」をテーマに毎月実施しているオリジナルイベントだ。

◆<LIVE SUPERNOVA Vol.82>画像

今回の出演は、グッドモーニングアメリカ、The Flickers、Brian the Sunという、これから必ずブレイクするであろう3組の競演だ。J-WAVEでは、このライブの様子を3月にスタジオコーストで開催されたthe telephones、TK from 凛として時雨、ONE OK ROCK出演の拡大版<LIVE SUPERNOVA 81.3DX>の模様とともに、4月19日(金)24:00~放送の「TOKYO REAL-EYES」でオンエアとなる。

【藤田琢己の<LIVE SUPERNOVA Vol.82>ライブレポート】

J-WAVE 81.3FM で毎週金曜日夜12時から生放送している番組、「TOKYO REAL-EYES」の番組主催無料招待イベント<LIVE SUPERNOVA Vol.82>が17日水曜日渋谷O-nestで行われた。今回はグッドモーニングアメリカ、The Flickers、Brian the Sunという3組が出演した。

会場オープンから番組ナビゲーター藤田がDJを担当し、トップバッターを呼び込む。最初に登場したのは大阪発の4人組、Brian the Sun。登場からお客さんのテンションは高く、大歓声でライブがスタート。若々しい勢いでハツラツと演奏を繰り広げたていたが、あまりのお客さんのリアクションの良さに、若干の戸惑いも見せながらも、雰囲気の良さをかみしめながらパフォーマンスしていた。声の通りの良い森のボーカル、そして軽快な楽曲が相まって雰囲気は一気に盛り上がった。

2番目の登場は、The Flickers。3人組のニューウェイブなフィーリングを持つ攻撃性とダンサブルな曲が印象的なバンドだが、ライブがスタートするなり会場に襲いかからんばかりの勢いで演奏を繰り広げた。ボーカル安島の叫びにも似た感情的なボーカルに、否応無しに会場も反応して行く。怒涛の勢いで次々と曲を演奏していった。MCでは、生まれて始めてバンドの曲が流れたのが「TOKYO REAL-EYES」だったというエピソードも明かしていた。

恒例のプレゼントタイムをはさみ、最後のアーティスト、グッドモーニングアメリカが登場。呼び込んだあと、ベースのたなしんが幼稚園児のコスプレで客先を練り歩きながらステージに上がりライブがスタート。お客さんのボルテージが更に上がり、前方はもみくちゃになりながら体を動かしていた。
メロディアスな曲、飛び跳ねたくなる曲から、歌詞にぐっとくるものまで、イベントの持ち時間をフルに活かして様々なタイプの曲を披露。アンコールもあり、大熱狂のライブが終了した。

お客さんの中には、前回の拡大版に行ったという人も多く、番組ライブで盛り上がる流れがうまく作れていたように感じた。新年度という事もあり、今後の活動のいいスタートになったと思う。

Text by J-WAVEナビゲーター藤田琢己

<J-WAVE TOKYO REAL-EYES “LIVE SUPERNOVA Vol.82”>
2013年4月17日(水) OPEN 18:30/ START19:00
@SHIBUYA O-nest
出演:グッドモーニングアメリカ、The Flickers、Brian the Sun (50音順)
MC:藤田琢己(J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」ナビゲーター)
主催:J-WAVE
●Brian the Sun
1.Baked Plum Cake
2.Noro
3.Sister
4.はちみつ
5.Naked blue
●The Flickers
1.black light
2.orange sunshine distortion
3.non-fiction
4.rock'n'roll suicide
5.white heat
6.lovender
●グッドモーニングアメリカ
1.キャッチアンドリリース
2.だけど不安です
3.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
4.未来へのスパイラル
5.輝く方へ
6.餞の詩
n.空ばかり見ていた

◆J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」サイト
◆グットモーニングアメリカ・オフィシャルサイト
◆グットモーニングアメリカオフィシャルサイト
◆Brian the Sunオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報