ヒップホップのルーツと歴史を紐解くドキュメンタリー映画『アート・オブ・ラップ』、公開

ツイート
ヒップホップのレジェンドから今を時めくトップアーティストまで、47名ものラッパーの証言を通し、ヒップホップのルーツと歴史を紐解くドキュメンタリー映画『アート・オブ・ラップ』が、7月27日(土)より、渋谷シネマライズにて劇場公開される。

◆映画『アート・オブ・ラップ』予告編映像

この『アート・オブ・ラップ』を監督したのは、ギャングスタラッパーの創始者であるヒップホップ界の重鎮アイス-Tである。もちろんこの作品が彼にとっての初監督作品となるものだ。

1980年代後半にデビューしてから30周年を迎えるアイス-Tが初監督を務めた本作は、ヒップホップシーンの大物達の証言を通して、ヒップホップのルーツと歴史を紐解くドキュメンタリー作品である。

今や音楽シーンのメインストリームともなったヒップホップが、どのようにして世界的な影響力を持つに至ったのか。本作では、その軌跡をなぞっていく中で、1980年代に活躍したシーンの先駆者であるアフリカ・バンバータ、RUN D.M.C.や、エミネム、ドクター・ドレー、スヌープ・ドッグ、カニエ・ウェストなど、過去と現在、そして未来を築くラッパー達へアイス-Tが直撃インタビューを果たしている。彼らが何にインスパイアされラップするのか、誰の影響を受けているのか、お気に入りのライムや、数々の名曲が生まれた背景など、彼らの人生やヒットソングの裏側に迫っていくという貴重なシーンの連続だ。

そうそうたるラッパー達がここまで率直に語るというのは、当然ながら長年業界を生き抜いてきたアイス-Tが監督だからこそと言わざるを得ない。また本作でしか観ることが出来ない、惜しげもなく披露するフリースタイル・ラップは、まさに鳥肌モノの一幕となる。彼らの赤裸々な告白とともに、この一大ムーブメントが新しい視点で描かれる、とんでもない話題作だ。

映画『アート・オブ・ラップ』
監督:アイス-T
出演:エミネム、ドクター・ドレー、スヌープ・ドッグ、カニエ・ウェスト、RUN D.M.C.、ナズ他
2012年/アメリカ/112分/ビスタ/5.1ch/
原題:Something from Nothing:The Art of Rap
2012(C)The Art Of Rap Films Ltd
配給:角川書店 http://kadokawa-sound.jp/art-of-rap
7月27日(土)より、シネマライズ他にてロードショー
この記事をツイート

この記事の関連情報