ケリー・ローランド、アメリカ版『Xファクター』で審査員復帰?

ツイート
ケリー・ローランドが、ブリトニー・スピアーズの代わりとしてアメリカ版『Xファクター』の審査員候補に挙がっている。ケリーは2011年にわずか1シーズンでイギリス版『Xファクター』から降板し、ニコール・シャージンガーに取って代わられていたものの、今回の報道によれば、6月から始まるFOXの同番組第3シーズンのためのオーディションでケリーがサイモン・コーウェルやデミ・ロヴァートらと共に審査員に「高い確率で参加する」可能性があるようだ。

◆ケリー・ローランド画像

ある関係者はMailOnline.comに「ケリーはちゃんと『Xファクター』のことをよく分かっていますし、歯に衣着せぬ物言いの彼女としては審査員に何が求められているかをちゃんと意識してますよ。サイモンもずっとケリーのファンであり続けてますし、アメリカの『Xファクター』の審査員パネラーとして彼女は高い確率で参加するでしょうね」と明かしている。

サイモンは、2012年の第2シーズンで審査員間の波長が悪かったことに失望していたようで、ケリーとは他に2人目の新しいビッグスターを音楽プロデューサーのL.A.・リードの代役として充てようとしているという。先の関係者は「実のところ、昨シーズンの終盤に差し掛かるにつれて、番組幹部達はブリトニーとL.A.・リードの2人を差し替えたほうがいいと感じていたんです。L.A.・リードは第2シーズンでは絶好調はでなく、彼自身もそれを実感していたんです」と続けた。アメリカ版『Xファクター』の新審査員パネラーは、5月にニューヨークで発表される予定だ。

ケリーは、6月4日にリリースを控えているニューアルバム『トーク・ア・グッド・ゲーム』の制作に取り掛かっており、同アルバムではビヨンセとミシェル・ウィリアムズとのデュエットも果たしている。
この記事をツイート

この記事の関連情報