ボン・ジョヴィ「リッチーをすごく愛している。彼はまだメンバーだ」

ツイート
火曜日(4月23日)、アメリカのトーク番組『Ellen DeGeneres Show』に出演したボン・ジョヴィのフロントマン、ジョン・ボン・ジョヴィが、現行のツアーから離脱したリッチー・サンボラ(G)について語った。サンボラは4月2日、開演数時間前に突然、不参加を表明。以来、ステージに戻っていない。

◆ボン・ジョヴィ画像

司会のエレン・デジェネレスから、バンドが長く続く秘訣を問われたジョンはこう話した。「僕らはお互いのことが好きだ。それが秘訣だと思う。持ちつ持たれつってことはたくさんあった。アップ&ダウンを乗り越える必要もあった。大局的に見て、お互いのことを好きならばやっていける」

そして、その場にいないサンボラについて問われると、多少ためらいながらもこう答えた。「オーケー・・・、うーん・・・、僕が言えるのは、本当に個人的な問題なんだ。でも、僕らは彼のことをすごく愛しているし、彼は当然、まだバンドのメンバーだ」

バンドは番組内で、ツアー同様、Phil Xをギターにパフォーマンスした。ボン・ジョヴィの北米ツアーは木曜日(4月25日)に一旦終了。5月から南アメリカ、ヨーロッパ・ツアーをスタートする。

一方のサンボラはツアーを抜けて以来これまでに3回Twitterをアップ。「みんな、心配してくれてありがとう。僕は大丈夫だ。でも、個人的な問題に対処するためLAにいなくてはならない。愛してるよ、またすぐに会おう」「ボストンで卑怯者が起こした非情な行動から立ち直って欲しいと願っている。心配している・・・」「僕は大丈夫だ・・・。ポジティヴなヴァイブをありがとう・・・」とツィートしている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報