エアロスミスのトム・ハミルトン、オーストラリア公演から離脱

ツイート
エアロスミスのベーシストとして活躍するトム・ハミルトンが現行のオーストラリア公演から離脱した。過去に癌の闘病も経験しているトムは、胸部感染症にかかったことが原因でアメリカに帰国したが、病状が回復次第ワールド・ツアーの残りの日程に参加するという。

◆トム・ハミルトン画像

そして、過去にもトムの代役を務めたことがあるデイヴィッド・ハルが、今回もオーストラリアで残っている5月1日(水)のブリスベン公演、さらに4日(土)のメルボルン公演の2つの日程でトムの穴を埋めるために急遽オーストラリア入りしている。

最近ツアー中に突然、メンバー変更を余儀なくされたのはエアロスミスだけではない。ボン・ジョヴィのギタリスト、リッチー・サンボラも4月上旬に行われたカナダのアルバータ州カルガリーでの<ビコーズ・ウィー・キャン>ツアーのコンサートから抜けており、それ以降のツアー日程でも復帰の見通しは立っていない。

オフィシャルサイトに載せられた声明では「個人的な理由からリッチー・サンボラは今後のツアー公演には参加しないことになりました。ただ、全てのコンサートは予定通り開催されます」と説明されている。リッチーが離脱した理由は現在もなお、明かされていないが、アルバータ州で公演した際のジョン・ボン・ジョヴィのコメントからすると、離脱は想定外だったようだ。コンサートのステージに遅れて登場したジョンは観客に向かって、「2択だったんだ。荷物をまとめて帰路につくか、今できる限りのことをみんなにぶつけるかってね」「リッチー・サンボラはしばらくパフォーマンスを休止することになったのさ。今夜以上にみんなのサポートが必要な夜はないんだ。頼むよ、カルガリー!」と叫んでいた。
この記事をツイート

この記事の関連情報