柴咲コウと笹川美和が初共演した「恋守歌」ミュージックビデオをUULAが独占配信

ツイート

ソフトバンクモバイルのスマートフォン向け総合エンタメアプリUULAにて、柴咲コウが作詞を、笹川美和が作曲を担当した「恋守歌(こもりうた)」のオリジナルミュージックビデオが5月1日より独占配信される。

◆柴咲コウ、笹川美和 画像

「恋守歌」は、ともにリスペクトし合う柴咲コウと笹川美和が手掛けた“巡りゆく恋”の歌。“月”をテーマに、月が満ち欠けるような、人を想う気持ちの移り変わりを繊細に描いた。作詞を担当したのが柴咲コウ。そして、彼女の詞にメロディーに乗せて表現したのが笹川美和。幻想的な曲の世界観は、今回、映像化されることによって、一層、神秘さを増した。

また、互いのアーティスト性に惹かれ合っていたふたりは、このミュージックビデオの中で初共演をはたしている。柴咲コウ、笹川美和ともに「想像もしてなかった」と語った生の現場での共演について「まるでライブのような感覚だった。」と口を揃える。互いの音楽性を最大限に引き出しあったパフォーマンスが披露されている。

「普段から笹川さんの曲を聴いていて、カラオケでも歌わせていただいていたので、映像の中で一緒に共演する事を最初は想像も出来なかったし、このお話を引き受けていただけたのは、私にとって夢のようでとっても嬉しかったです。すごく短い時間で残念な気持ちではあったのですが、いつもの撮影とはまたちょっと違うドキドキ感と緊張感があって、思わずライブのような感覚で歌ってしまった所がありました。詞はこの作品が持つ色合いを意識して書きました。笹川さんが作る世界観を崩したくなかったですし、その世界観に埋没していきたいという意識を持って考えました。笹川さんが作った自分の心の内側を見つめる感覚を想像しながら、大切にしながら作りました。」── 柴咲コウ

「柴咲さんのミュージックビデオに一緒に出させていただく事は、私にとってあり得ない事だったので、本当に光栄な事だと思っています。撮影現場でお会いし、こんなキレイな方とお仕事が出来ているんだという事を嬉しく思いました。本当にライブをしているかのような気持ちで伴奏をしていました。柴咲さんの声を存じていたので、その声を存分に生かせるようなメロディラインにしたいと思い、作曲をさせていただきました。柴咲さんの歌詞は、古典的であり、また幻想的な物語だと感じました。その、浮き世離れした世界を、シンプルながら力強く描き出していると思います。不思議な空間が、そこにはあります。一時、逃避して、この世界に身を任せて、楽しんでみてください。よろしくお願いいたします。」── 笹川美和

UULAではミュージックビデオを2バーション制作。ひとつは、恋する女性の移り気を表面的に、またもう一方は、その恋心に隠れた内面によりフォーカスした内容。このふたつが対になり、ひとつの物語を構成する。

「『恋守歌』はご承知の通り、恋愛について歌っている楽曲になります。恋愛は、落ちるもので、溺れるもの… 好きになってしまったヒトは自分ではどうすることも出来ず気持ちが振り回されてしまったり、気持ちがどうどう巡りをしてしまったりするもので、ひとりきりで悶々とした欲求が止まらず、相手を想う気持ちに押しつぶされそうになったりするものだと思います。そして、その「恋愛」を映像として描く際、様々な手法や捉え方があるかと思いますが、熟考した結果、今作では、大きく “2つの視点” で捉えてみようと考えました。恋愛に振り回される様子を表面的に捉えたものと、あまり人には言えない淫靡な性の気持ちにフォーカスしたものです。両バージョンとも巡る想いと、上がっては落ちる気持ちの浮遊感をミックスしながら、ひとつの情景を視点の違いで描いております。どうぞご覧下さい。」── ヒグチリョウ 監督

UULAは、2013年2月14日よりサービスを開始した定額制総合エンタメアプリ。国内外の映画、ドラマ、アニメに加え、ミュージックビデオやライブ映像といった多彩な音楽コンテンツをラインナップ。6万本以上のコンテンツが月額490円ですべて見放題になる。

◆UULA 公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報