ワイクリフ・ジョン、カムバックとなる新曲「バン・バン・バン」を初披露

ツイート
ワイクリフ・ジョンが、カムバック作品となる新作ミックステープ『エイプリル・シャワーズ』からの新曲「バン・バン・バン」を初披露した。

◆ワイクリフ・ジョン画像

29日(月)のアルバム『エイプリル・シャワーズ』リリースに先立ち、ワイクリフは、2012年だけで506名が殺害されたシカゴにおける殺人率の上昇を嘆いた同新曲を投稿している。アコースティック調な同曲でワイクリフは「この流血はいつまで続くんだ?」「必要なのは愛なんだ」と痛切なメッセージを伝えている。

ワイクリフにとって今回のミックステープは、2010年にミニアルバム『イフ・アイ・ワー・プレジデント:マイ・ハイチアン・エクスペリエンス』をリリースして以来初の長編作となり、T.I.、モブ・ディープ、アンクル・マーダー、ワカ・フロッカ・フレイム、メイノーなどの豪華ゲスト陣を迎えた作品だ。ワイクリフは「春が来たね。音楽のある生活が戻って来たんだ。そして俺自身の音楽も戻って来たよ。『エイプリル・シャワーズ』を要チェック」とツイートしている。

またワイクリフは、今回の復帰についても米ハフィントン・ポスト紙に「音楽界のレジェンド達はカムバックする時はたいてい、今の時代の若者がしていることを受け入れないんだ。音楽を高めることって、ちょっと年齢を重ねた俺達から発信されるものだろ。若者の要素を融合させて、彼らの言わんとすることに耳を傾けるためにね」と話している。
この記事をツイート

この記事の関連情報