英ウィリアム王子、胎教にブラック・アイド・ピーズ?

twitterツイート
英ウィリアム王子は、キャサリン妃のお腹にいる赤ちゃんに胎教音楽としてブラック・アイド・ピーズを歌い聞かせてあげているようだ。

◆キャサリン妃&英ウィリアム王子画像

7月にも出産予定を控えたキャサリン妃の膨らんだお腹にいる赤ちゃんに、一般的な童謡だけでなく、ブラック・アイド・ピーズのヒット曲「レッツ・ゲット・イット・スターテッド」なども歌い聞かせているという。ウィリアム王子に近いある関係者はデイリー・スター紙に「ウィリアム王子はお腹の赤ちゃんにいつも話しかけてあげていて、子守歌を歌ってあげたり、キスをしたりもしてるんです。王子は本当にデレデレなんです。王子は夜遅くなると、「きらきら星」や「ゴー・トゥ・スリープ・マイ・ベイビー」なんかを歌ってあげるのが好きなんです。けれど、赤ちゃんがお腹をよく蹴ったりする時には、ブラック・アイド・ピーズの「レッツ・ゲット・イット・スターテッド」を歌ってケイトを笑わせていますよ」と明かしている。

さらにウィリアム王子とキャサリン妃は、これから生まれてくる赤ちゃんの子育て準備として、ケンジントン宮殿で個人的に両親学級を受講しているとも報道されている。先の関係者は「2人とも子育てにはしっかり参加する気満々です。ケイトはもちろん、専属スタッフとベビーシッターに赤ちゃんを預けて外出することもできますが、生まれたあかつきには、赤ちゃんをどこにでも連れて行きたいと考えていますね」と続けた。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報