【ライブレポート】ラクリマ・クリスティー、15年の歴史総括、残すところあと1公演

twitterツイート

ラクリマ・クリスティー・メジャーデビュー15周年ライヴの再々追加公演11<ヒストリー・オブ・ラクリマ・クリスティー Vol.1>が、5月5日渋谷AXで行われた。ゴールデンウィークということもあり、この日は全国各地からラクリマファンがAXに集結することとなった。

◆ラクリマ・クリスティー画像

32枚組で19,800円という驚異的な価格設定で話題となったDVD、ブルーレイBOXの購入者が優先的にチケット購入をできるというライヴだが、大半のファンが2012年の全公演を映像で繰り返し観ていることもあり、5人のメンバーはファンに喜んでもらえるセットリストをかなりの時間をかけて考えたようだ。

2012年の公演では演奏されなかったオープニングの「Green」をはじめ、リクエストが多かった「HIRAMEKI」「animism」もセットリストに加えられ、新たな魅力も創出されるセットリストとなったようだ。

ラストソングの「THE SCENT」から「With-you」でのエンディングにおいては、この日は全く予定になかった3回目のアンコールにメンバーが再び登場し、「Don’t tell me lies」を突如演奏するというサプライズも飛び出した。ボーカルのTAKAは「去年の9月、同じAXのステージでみんなの熱気を一番身体に感じた曲。全国から来てくれたみんなにもう1曲分だけ感謝の気持ちを伝えたかった。」と語り、ファンの感動をさそった。

この15周年ライヴもあと残すところ1公演、6月8日土曜日@赤坂BLITZで行われる<ヒストリー・オブ・ラクリマ・クリスティー Vol.2>のみとなってしまった。TAKAは「6月8日をもって15周年ライヴ実行委員会はすべて終了します。次が最後の1本です。ファンのみんなに心から喜んでもらえる歴史に残るライヴを届けたい」と語っている。

チケットはすでに1階スタンディング、2階席とも全席即日ソールドアウトしているが、2階立見席チケットのみ若干数だけ販売されている。そこだけが最後のチャンスだ。

5月5日、終演後に行われたメンバー5人全員がそろった握手会には、なんと1000名以上のファンが長い列を作っていた。

撮影◎中村 功

<La'cryma Christi 15th Anniversary Live History of La'cryma Christi Vol.1>
2013年5月5日(日)
@SHIBUYA-AX
01.Opnening SE
02.Green
03.PSYCHO STALKER
04.月の瞼
05.animism
06.イスラエル
07.Blossom
08.HIRAMEKI
09.未来航路
10.Mystical Glider
11.ファシズム
12.SHY
13.With-you
14.カメレオン
15.雪になって消えた二人
En1-1. yesterdays
En1-2. Ivory trees 
En1-3. White Period.
En2-1. 南国
En2-2. THE SCENT
En3-1. Don't tell me lies

<La'cryma Christi 15th Anniversary Live History of La'cryma Christi Vol.2>
6月8日(土)
@赤坂BLITZ
Opne 16:00 / Start 17:00
※2F立見席チケット(残りごくわずか)

◆チケット詳細&購入ページ
◆ラクリマ・クリスティー オンラインストア
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報