片平里菜、メジャーデビュー発表コンベンションライブで日本人女性初のエピフォンアーティストに決定

twitterツイート

シンガーソングライター片平里菜が5月15日、都内のライブハウスで音楽業界向けコンベンションライブを開催した。ステージでは8月7日にシングル「夏の夜」でメジャーデビューすることが正式発表となった。

◆片平里菜 画像

「『夏の夜』という曲を8月7日にリリースすることになりました。この曲は高校3年生の時に作った曲で、当時自分の部屋でギターを弾いて思ったことをそのまま曲にしました。<閃光ライオット2011>の審査員特別賞の受賞のきっかけになった曲でもあり、今回リリースができてすごく嬉しいです。たくさんの人に届けられるよう、プロとして結果を出せるよう頑張っていきます」――片平里菜

片平里菜は、<閃光ライオット2011>にて審査員特別賞を受賞したことをはじめ、2012年7月に横浜アリーナで開催されたASIAN KUNG-FU GENERATION主催<NANO-MUGEN FES.2012>に出演、2013年1月に配信リリースされた「始まりに」がレコチョクデイリーチャート2位を獲得するなど、デビュー前の新人としては破格の注目を集めていた福島県在住のシンガーソングライターだ。BARKSでは、先ごろ終了した全20ヶ所を1ヶ月間で廻る全国ツアー<片平里菜 飾らない笑顔で 弾き語りツアー2013>の模様を本人の日記形式で綴る【飾らない笑顔で 弾き語りツアー日記】を連載展開してきたので、ご存じの方も多いと思う。

デビューシングル「夏の夜」は、前述の<閃光ライオット>決勝で弾き語りしたナンバーであり、いわば彼女の原点といえる。そしてこの日のステージでは弾き語り形式ではなく、片平を含む5ピースのバンドで初披露されることとなった。新たに生まれ変わった「夏の夜」は5月17日 22:00よりTOKYO FM系「SCHOOL OF LOCK!」内にて初オンエアされるので、お楽しみに。

なお、「夏の夜」のカップリングには、スポーツ専門テレビ局J SPORTSのプロ野球中継番組“J SPORTS STADIUM2013”中継テーマソング「baby」、地元福島のFTV福島テレビ開局50周年イメージソング「Come Back Home」、「始まりに(弾き語りver.)」を収録。ちなみに「baby」は前述の「始まりに」同様、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのベーシスト山田貴洋がプロデュースを手掛けたナンバーだ。

さらにこのステージでは、世界的なギターブランドであるエピフォンが、片平里菜を日本人女性初のエピフォンアーティストとして公認したことが発表された。

「エピフォン社のギターは、1873年に創業して以来、数々の著名なミュージシャン達に愛用されてきました。創業から140周年を迎える今年、我々は片平里菜さんを日本人女性としては初となるエピフォンアーティストとして新たに迎えることができ、大変光栄です。エピフォン社 は、歴史が長く深い日本の音楽文化に敬意を表すると共に、日本の皆様のギターへの愛情に対して大変感謝しております。今後、我々は片平里菜さんの様々な音楽活動を長きにわたりサポートすると共に、日本のミュージシャン達には今後も惜しみないサポートを続けていきたいと思っております」――Jim Rosenberg(エピフォン社長)

エピフォン製ギターといえば、ビートルズのポール・マッカートニー、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスンが使用したホローボディのカジノが有名だ。デビュー当時のローリング・ストーンズのキース・リチャーズやポール・ウェラー、オアシスのノエル・ギャラガーが使用するなど、著名ギタリストが使用するギターブランドとして歴史が深く、信頼度が高い。片平はデビュー前にして世界的ギターメーカーからのお墨付きをもらったカタチとなる。

<コンベンションSET LIST>
2013年5月15日@都内某ライブハウス
1 amazing sky
2 始まりに
3 ironic
4 baby
5 女の子は泣かない
6 夏の夜

メジャー 1st シングル「夏の夜」
2013年8月7日(水)リリース
PCCA-03871 ¥1,260(税込)
1.夏の夜
2.baby(J SPORTS STADIUM2013中継テーマソング)
3.Come Back Home (FTV福島テレビ開局50周年イメージソング)
4.始まりに(Acoustic ver.)

◆片平里菜 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス