クリス・ブラウン、アリーヤの歌声をフィーチャリング

ツイート
クリス・ブラウンが新曲「ゼイ・ドント・ノウ」に、これまで未発表だった故アリーヤの歌声をフィーチャリングしたと明かした。

◆クリス・ブラウン画像

7月にリリース予定している新作アルバム『X』からのシングルカットとなる新曲で、2001年にこの世を去って以来初めて発表されるアリーヤのボーカルが明かされることとなる。最優秀R&B/ポップ・アーティストにノミネートされたBETアワード2013の記者会見が14日(火)に開かれ、クリスは「ファンのみんなにスペシャルなプレゼントがあるんだ。「ゼイ・ドント・ノウ」っていう新曲さ。なんとアリーヤをフィーチャーしてるんだぜ。しかも未発表の歌声なんだ。これまで誰も耳にしたことのない新しいものなんだよ」と話している。

クリスは「ゼイ・ドント・ノウ」のPVを11日(土)にロサンゼルスの「スラム街」で撮影し、そのロケ地を選んだことで様々なバックグラウンドを持つ人々が一体化できることを望んでいると続けた。「スラム街で撮影したんだ。60番ストリートとシダー・ブロックに行ったよ。両方の世界を一緒にしたいんだ。コミュニティーの貧困層を底上げして、俺の育った場所を見せたいんだ。俺はヴァージニア出身だけど、みんなボロ家で育ったり、無一文だったもんだよ。その頃を覚えてるよ」

『X』では、アリーヤのみならず、ニッキー・ミナージュやケンドリック・ラマーをはじめ、ファレル・ウィリアムス、ティンバランド、ポロウ・ダ・ドン、ダーニャ、ドラマ・ボーイらが参加している。

ただ、クリスがアリーヤをフィーチャーする以前には、クリスとリアーナを巡る恋敵として有名なドレイクが「イナフ・セイド」でアリーヤの歌声をサンプリングに使用した経緯があることから、クリスの今回の行動はドレイクに対抗するための手段に過ぎないとの批判の声も上がっている。
この記事をツイート

この記事の関連情報