【ライブレポート】ソノダバンド、山下良平とアートセッション

twitterツイート
今更ながらで申し訳ないが、3月30日に代官山LOOPで開催された<ソノダバンド リリースライブ“火の玉”>を観た。この日は、『火の玉』のジャケットに自身のアート作品「Swimmer」を提供したイラストレーター、山下良平とのアートセッションが行われる日。

◆ソノダバンド 画像

音楽と絵、ゼロから産み出し表現をする者同士が互いを刺激し合う。新しい絵が生まれる時間は「Bubble Breaks」「Why Can You Breathe」「night/steps」という新曲3曲が続く。そして、『火の玉』から「The Coast Session」。4曲約20分の演奏終了と同時に生まれた絵には、ソノダバンドのメンバーが描かれていた。音楽や絵に説明はいらない。書き手の思い、そしてそれとは別に受け取る者が自由に感じる思い。

今回のライブは、リリースライブと言いつつ、過去の曲も新曲も行うというスタイル。後半には、MC MAKISE(ベース:牧瀬崇之)とともに、インディーズ時代の「Take Me To The Party 」も披露された。

毎回、新しいことを仕掛けてきてくれる彼ら。次回は、4月にバンドリーダーでキーボード園田涼とギターの赤股賢二郎が、アフリカを旅したことから感じたことを披露するだろう<ソノダバンド×AAR Japan スペシャルライブ&トーク 「ぼくらが旅したアフリカ」>。5月30日は、3月30日との音の変化を楽しみにしたい。

メンバー:園田 涼(keyboards)、熱田 哲(violin)、橋本 怜(cello)、赤股 賢二郎(guitar)、牧瀬 崇之(bass)、小山田 和正(drums)

<ソノダバンド リリースライブ“火の玉”>
3月30日@代官山LOOP
1.出たとこ勝負
2.Royal Straight Flush
3.デマゴーゴス
4.Ringojuice
5.Snitchers
6.討入前夜
7.Bubble Breaks
8.Why Can You Breathe
9.night/steps
10.The Coast Session
11.nationalism(園田、熱田、橋本)
12.浮かぶ瀬~沈む瀬
13.トーキョー=ストロール
14.上海午前零時~上陸セヨ
15.Take Me To The Party (feat. MC MAKISE)
16.はしれ、はしれ
17.火の玉
ENC1.Soul River
ENC2.生きる

<ソノダバンド×AAR Japan スペシャルライブ&トーク 「ぼくらが旅したアフリカ」>
2013年5月30日(木)
@マウントレーニアホール渋谷プレジャープレジャー
開場 18:30 開演 19:00
指定席:4,000円(ドリンク代別) 立見席:3,500円(ドリンク代別)
AAR Japan 03-5423-4511 http://www.aarjapan.gr.jp
チケットぴあ 0570-02-9999 【P コード 196-393】

<巡音彩祭 presents『JABBERLOOOP×ソノダバンド SUMMERに向けてまっしぐら ツアー』>
●6月25日(火) 大阪 心斎橋JANUS
OPEN/START 18:00 / 19:00
Adv.\3,500 / DOOR \4,000 (D別途)
●6月26日(水) 名古屋 HeartLand STUDIO
OPEN/START 18:00 / 19:00
Adv.\3,500 / DOOR \4,000 (D別途)
●6月28日(金) 福岡 ROOMS
OPEN/START 18:00 / 19:00
Adv.\3,500 / DOOR \4,000 (D別途)
●6月30日(日) 東京 下北沢GARDEN
OPEN/START 18:30 / 19:30
Adv.\3,500 / DOOR \4,000 (D別途)
[問]巡音彩祭実行委員会 info@junonsaisai.com

[寄稿] 伊藤 緑:http://www.midoriito.jp/

◆ソノダバンド・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報