【インタビュー】ライトブリンガー、計算しつくされ構築しつくされた聴きどころ満載なアルバム『Scenes of Infinity』

ツイート

■メタルは非日常。疾走感、高揚感、ドラマチックさ
■あとすべてが大げさじゃないといけない
 ▲限定プレス盤
 ▲通常盤
――では、このアルバムを完成させた今、メタルに、そしてライトブリンガーに不可欠なものって何だと思いますか?

Fuki:まず疾走感ですね。

Hibiki:あと高揚感。

Fuki:そうそう、疾走感、高揚感、ドラマチックさ、あとすべてが大げさじゃないといけない。メタルは非日常。わざわざ家でCDかけてスピーカーから聴く、日常から離れて没頭したい音楽、それがメタルであってほしいですね。

JaY:爆音でね。

Mao:シャウトとか大げさとかテクニカルとか、そういうメタルの定義にライトブリンガーは当てはまるところも多いですよね。でもそこにポップさとかが重なることで、“ライトブリンガーというメタル”でありたいと思いますね。

――ではそれぞれの曲についての話も訊きたいと思いますが、6曲目の「Eau Rouge」、この壮大なインスト曲はどんな過程を経て完成したんですか?

JaY:これはギター1本でMao君のウチへ行って。

Mao:ギター持って行くねって言われて待ってたんですけど、JaY君が来たらギターを持ってない(笑)。スゲーな手ぶらで来たぞっていうところから始まったんです(笑)。

Fuki:自分がギターを持ってないっていつ気付いたの?

JaY:Mao君のウチに着くまで気付かなかった(笑)。

Mao:JaY君が弾いたヤツをうちで取り込んで形にしようってことだったんで、まあ鼻歌でもなんでもいいかなって。ウチに1本だけあった安物のギターでしばらくやってました。

JaY:最初は歌モノだったんです。これができてHibikiさんに送って、またHibikiさんのウチにギター持って行って、あ、その時は持ってましたよギター(笑)。で、聴いてたらHibikiさんが、これインストにしない?って。そこからまたアレンジが始まったんです。

――もともとの曲から思いがけない変化、進化をすることもよくあるんですか?


▲Fuki

▲Hibiki

▲Jay

▲Mao
Hibiki:今回はとくにそうでしたね。Mao君の「孔雀とカナリア」だってだいぶ変わったもんね。それでよかったのかどうか未だに僕はわからないですけど(笑)。

――ソングライティングやアレンジについても、新メンバーになったことでかなり広がったようですね。

Hibiki:それは思いますね。新メンバーを活かそうと思ったら自然とこうなったっていうのもあるし。このインストについては、このほうが歌モノより印象的なんじゃないかなと思ったし、せっかくだからギタリストJaYが書いた、ギターをフィーチャーしたインストならライヴでも使いどころがあるぞ、と。

――「孔雀とカナリア」の冒頭のコーラスも面白い試みですね。

Fuki:ミックスヴォイスというか、オペラティックなコーラスですね。あれはソフトとかで作ったんじゃなくて、ちゃんと私が歌っています。私が今まで出したことのないタイプの声なんで、私の声だと気付かない人もいるみたいで。

Mao:僕らも最初は疑ったんですよ、Fukiの声じゃないんじゃないかって。

――9曲目の「Infinite Fantasy」も短い曲だけれど印象的ですね。

Hibiki:ある程度曲がそろってきた段階で、曲順はほぼ決まってたんです。ただ8曲目の「Tales of Promise~天国に寄せるポエトリー~」と10曲目の「Venus」の間にすごく温度差があって、それを埋めるための曲を作ろうと思ったんです。ライヴで言えば「Venus」がアンコールで、その前に一回締める曲を、と。

Fuki:今回はかなりファンタジックな歌詞ばかりなので、すごく印象的な短いこの曲で、アルバムのすべてを説明するような歌詞にしたいと思いました。“Infinity”は無限、“Fantasy”も夢やまぼろし、つまり夢幻(むげん)なんですね。ファンタジーな歌詞を書いたあとにこのタイトルができて、最終的にちゃんと着地したと思います。ちなみに8曲目「Tales of Promise~天国に寄せるポエトリー~」の歌詞は、自分たちの1stフルアルバム『Tales of Almanac』のラスト2曲「Hearn's Heaven」と「D.C.」の物語の続きなんです。

――過去の作品にもつながってる。これは壮大ですね。

Fuki:非日常、そして壮大じゃなきゃダメですね、メタルは。

――さて、6月からはツアーが始まります。このメンバーのお披露目にもなりますね。

Hibiki:全公演ワンマンで5か所。久々のワンマンや初めての会場もあるので、ホントにお客さんが入るのかとか、不安もあるんですが、それより自信を持って作った音を持ってファンの前に戻れるということにワクワクしています。絶対受けると思ってるので。是非ナマの「Scenes of Infinity」と「今のLIGHT BRINGER」を沢山の皆さんに体験しに来て欲しいです。

――テクニカルな曲が多いのが大変そうですね。

Hibiki:大変だけど、これを生でできる高いスキルを持ったバンドだということを証明したいですね。

Fuki:せっかくすべてワンマンなのでJaYにももっとしゃべってもらいたいです。

JaY:NGワード連発しますよ(笑)。

Fuki:だったらステージでJaYの秘密をしゃべります。

JaY:何かわからんけど、それだけは(笑)。

文●田澤 仁


『Scenes of Infinity』
5月29日(水)発売
限定プレス盤(CD+DVD):KICS-91903 ¥3,500(tax in)
通常盤(CD):KICS-1903 ¥3,000(tax in)
【CD】
1.Hyperion
2.Fallen Angel
3.if
4.孔雀とカナリア
5.人形が見た夢
6.Eau Rouge
7.Hydrangea
8.Tales of Promise ~天国に寄せるポエトリー~
9.Infinite Fantasy
10.Venus
【DVD】
1.「Hyperion」 Music Clip
2.「if」Music Clip
3. MAKING

<らぶりーみゅーじっくつあー2013 ~ To Infinity and Beyond>
6/2(日)下北沢GARDEN
[問]ソーゴー東京 03-3405-9999
6/8(土)大阪FAN J twice
[問]サウンドクリエーター 06-6357-4400
6/14(金)名古屋CLUB UPSET
[問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
6/25(火)仙台PARK SQUARE
[問]G.I.P 022-222-9999
6/27(木)札幌Sound Lab mole
[問]WESS 011-614-9999

◆LIGHT BRINGERからのメッセージ
◆LIGHT BRINGER オフィシャルサイト
◆キングレコード
この記事をツイート

この記事の関連情報