SOPHIA、完売の武道館公演はステージ構想を一旦白紙に。松岡充「ステージを削ってでも席をつくる。」

ツイート

先日、バンド活動の休止を発表したSOPHIAの、全国ツアーファイナルとなる日本武道館公演が、一般発売前にしてファンクラブ先行のみで完全ソールドアウトしてしまった。

◆SOPHIA ライブ画像

活動休止前ラストライブとなるこの公演を観たいというファンは日に日に増えるばかり。そんな状況やファンの声を受けて、今回、ボーカルの松岡がひとつの決断を下した。

「ステージを削ってでも席をつくる。」── 松岡充

この提案により、決定していたステージ構想は一旦、すべて白紙に。そして座席数を大幅に増やすことが所属事務所から発表されている。

松岡は、「SOPHIAの音楽と共に青春を過ごしたが、今は社会人となり、音楽やライブから遠ざかってしまった……という人は多い。だけど、この日はそんなファンにも来て欲しい。そして、大人になってようやくライブが行けるようになったというファンにも。だから、ステージを削ってでも、一般発売チケットを用意する。」と、自身の決断について語っている。

今回の日本武道館公演は、バンド通算10回目の節目の公演となり、2010年のキーボード都啓一のガン闘病にともなう活動休止からの復活の場ともなった、メンバー&ファンにとって聖地ともいえる会場だ。

20周年のアニバーサリーイヤーへと向かうための前向きな活動休止。しかし、約束のできない未来を前に、ファンにとっては何にも変え難い大切なライブ、そして大切なチケットである事は間違いない。そんなチケットは、5月29日より先行販売開始となる。

「当日、チケットを持ってなくて、会場の外で泣きながら音漏れを聴いてるファンを出したくない。単独ライブしかしてこなかったSOPHIAだから観たいと思ってたのに……という人にも、ぜひ観せたい。」── 松岡充

◆SOPHIAのチケット情報
◆VARKS
◆SOPHIA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報