名古屋嬢である、間違えた、名古屋城である。このコラムを書き続けていく中で意外にも名古屋付近にお住まいの方々に、「名古屋城は紹介していただけませんでしょうか?」または「名古屋嬢は紹介していただけませんでしょうか?」というお声をたくさん頂きまして、ここにめでたく名古屋城を紹介させてもらう運びと相成りました。

◆名古屋嬢…じゃなくて名古屋城画像

「っていうかもっとメジャーな城を紹介してほしいんですけど」

という意見も多し。なあああんんんだわとおおお???そげん言うてしまったら今まで紹介してきた城に失礼やんけええええええええええ!!!!!!!!!


まあよかろ。紹介してやろうやないか!日本の名城と言われる名古屋城を。間違えた、日本の名嬢と言われる名古屋嬢を。
自分の家の近くにある城のことを意外とNOBODY KNOWSなものである。
その凄さを知らないままではいけません。
それはまるで中島卓偉の才能と歌声と天才的なパフォーマンスを知らないまま幸せなつもりで生きてしまっている人と同じである。
名古屋城はシャチホコだけではないのだ。名古屋嬢は名古屋巻きだけではないことを証明してやるのだ。

築城は1609年、徳川家康が天下統一して、最後に建てた城である。しかも建てた理由が9男の義直の為にということらしい。
家康さんどんだけ親バカなんすか!
天下統一をしたとはいえ、ここから300年も徳川幕府が戦のない時代を支配出来るとは家康こそ思わなかったはず、そこで反乱を防ぐ意味もあり、江戸城から大阪城の間に静岡の駿府城、そして愛知に名古屋城を建てることによって言わば威嚇に近い感覚でこの名古屋城は完成する。
以後明治時代が訪れるまで約300年徳川によって治められてた城である。

明治政府により日本中の城が廃城、解体されてしまう中、名古屋城は運良く免れる。日本にはいくつか解体を免れて現存している城がある。
それは当時の権力者の「保存しましょう」といった鶴の一声だったり、姫路城のように町の人々の「壊さないでほしい」という声により免れたケースがある。
「売れてほしくない」「このままの距離で会えるファンとアーティストの関係でいたい」という意味のわからん声とはわけが違う。

名古屋城の天守をはじめ、本丸御殿は、もし現存していたら今頃絶対に、とっくに世界遺産だったと私は宣言したい。
姫路城よりも早く絶対に世界遺産になったと断言出来る。
当時現存した天守の中で名古屋城の天守は一番でかい。本丸御殿に関しても二条城など比べ物にならない。
外観、内装のデザインも含め、日本の技術と美術を世界に知らしめるほどのスケールのでかさ、ディティールの細かさを誇っていたのだ。
まさに日本最高峰の芸術である。
これは古写真が数多く残っているので是非資料館などで見てほしいものである。
残っていれば日本一大きい天守、名古屋城だったのである。名古屋城は凄いのだ、間違えた、名古屋嬢は凄いのだ。

その美しさ、その素晴らしさは1930年、昭和5年、国宝に指定される。

だが残念なことに1945年、昭和20年、終戦から3ヶ月前の5月の空襲によりそのほとんどが焼失してしまう。
空襲で焼失してしまった日本の城は数知れずである。残念でならない。今でも名古屋城天守の石垣を見れば焼けた跡が残っている。

名古屋のシンボルが無くなってしまったことで、1959年、昭和34年(ビートルズ全員が乗っており、現在中島卓偉の愛車、ミニが作られた年である)天守と小天守を鉄筋コンクリートで外観復元が完成。
木造復元ではなく、コンクリで。復元に必要な設計図も細かく残っていたにも関わらず、だ。
本気の城マニアから愛を持って、ありったけの愛を込めて、愛こそはすべてで一言言わせてほしい。
コンクリートの外観復元なんて、高度急成長の時に生産されたTOYOTA車に現代のエンジン乗せ替えたTOYOTA車ではないか、TOYOTA車を世界に広めた豊田という街がある愛知県のTOYOTAだけに…。

それはいかんのだ、それではいかんのだ~~~、復元するならちゃんと木造復元しなければ意味などないのだ。だから海外旅行者に

「なんだこりゃ?外観だけで中はエレベーター付いてるしちっとも歴史を感じられないではないか」

と、マジで思われてしまうのである。
そもそも外観復元という中途半端なことをしているのは日本だけである。
歴史とは、歴史的建造物とは、当時から残っているものを指す、見た目だけだなんて見栄っ張りとしか思えない。
城を本気で愛する者として、ありったけの愛を込めて言わせてもらいたい。
本気の城マニア達は今頃、

「卓偉!よう言うた!その通りだ!そうなのだ我々は復元などいらんのだ!石垣があるだけでロマンなのだ!」

と言ってドントルックバックインアンガーを大合唱しているはずである。

だがしかし!そんな我々城マニアを唸らせる情報が入って来た!
なんと2009年、(卓偉デビュー10周年、BEST YOURSという2枚組のBESTアルバムが出ておりますの)名古屋市長が現在の天守を木造建築で立て直すことを検討すると発表したのである。最高である!来た来た来た~~~!!!!そうあるべきです!!!!!!名古屋嬢最高~~~~~~~!!!!!!

募金を行い、復元費用は約300億とのこと。つんく♂さんならすぐおごってくれそうな額である。

ご存知の方もいるとは思いますが現在、本丸御殿を復元中である。
結構前からやっているのでもうそろそろ完成すると思うのだがどうだろうか?
この本丸御殿も長く募金が行われており、私も名古屋城を訪れる度に、名古屋嬢にぽん引きされる度に何度も募金に貢献させてもらった。
その額もつんく♂さんなら軽くおごってくれる額と同じくらい募金させてもらったと思うのだがどうだろうか?そんなもんだろう。

天守、小天守、本丸御殿と復元が完成したら…イマジンするだけでテンションあがる。

なんだかんだツアーで名古屋に行き、泊まりだといつも名古屋城をジョギングで1周している私だが、あのビッグな横綱なビッグビートな天守が木造建築になるなんて…考えただけでも名古屋ライブアンコール4回やってしまいそうな勢いだ。
その時が来たら、これこそ日本建築の歴史にもう一度名を残すビックニュースになること間違いなしである。
中島卓偉が売れた時こそ日本のロック界は変わること間違いなしである。と、地道に布教活動を続けてくれる真の卓偉ファンは思ってくれている。

では最後に名古屋城の見所を。

現存する門、櫓も多く残っているが、櫓の大きさ、これはマジででかい。
単なる隅に建っている櫓でも日本の他の城の天守より全然でかいのである。
すべてが横綱、すべてがヘビーメタルである、チューニングで言うと1音半下げの6弦Dドロップ的な、である。
モトリークルーの基本チューニングはこれである。ちなみにモトリーのジャンルはヘビーメタルではない、バッドボーイズロックである。そこんとこよろしく。

そして、本丸を囲む空堀。
堀は水をたたえてなんぼではあるが、もともとは空堀が最初であり、ここに水を入れたらもっと攻めづらくなるんじゃねえか?というとこから水堀が生まれている。しかし、そこまで戦国時代に進歩したにも関わらず、あえてここで空堀。
それは息の長いプロデューサーが80年代のアレンジで流行ったオケヒットをこの2010年代に今更アレンジで使うのと近い感覚である。(あなたが思うより遥かにここで笑ってる人は多い)

今この空堀には可愛いバンビ達がのほほ~んと戯れている。
バンビと聞いてSEX PISTOLSを思い浮かべたあなたは、THE GREAT ROCK'N'ROLL SWINDLEを思い浮かべたあなたは骨の髄までPUNKSである。
ナンバーワンロックボーカリストは誰?と聞かれた時に中島卓偉を思い浮かべたあなたはきっとこの先もグッドラックな人生を送ることが約束されたようなもんである。

そして城の作りがとことん四角い。
前回に引き続きビートルズの1964年オーストラリア公演、扁桃腺の手術で入院中のリンゴの代役を努めたドラマー、ジミー・ニコルの顔の輪郭くらい四角い。引き続きトライセラの和田さんはおそらくこのくだりに笑いながらあの口調で

「たくいくん!それぞれの街で、宣伝しちゃってよ!」

と、言ってくる気がするので愛知の方にこの曲を伝えたい。

話を戻すが名古屋城は敷地は広いが非常に見学しやすく余裕で廻れる。
名古屋嬢はスガキヤでラーメンとソフトクリームを同時に余裕で食べる。
平地に建てられた平城であるので階段も登ることもない。おばあちゃんでも、ひいばあちゃんでも、昔はお姉さんだったという方でも、歳をとったことを受け入れられない昔のお姉さんも楽に廻れると思われる。

名古屋城、それはまぎれもなく名古屋の街の最高のシンボルである。
くり返してしまうが、天守木造復元が現実になったら…それは城マニアにとって涙が出る程嬉しいことなのである。
こんなビッグサプライズはない。それは名古屋のタクシー運転手に、名古屋で一番美味いきしめん屋はどこですか?と聞き

「ああ、それね、よく聞かれるんですけどね、新幹線のホームにあるきしめんあるでしょ?あそこがね、一番美味いですよ」

と言われた時と同じくらいのビックサプライズである…。

◆【連載】中島卓偉の勝手に城マニア・チャンネル