m.o.v.e、最後の作品がデイリー1位獲得。「みんなの大騒ぎが最後にズドーンと世間に轟いたゼゼゼ!」「大感謝」

ツイート

6月5日にリリースされた、m.o.v.eのラストライブDVD『m.o.v.e THE LAST SHOW CHAMPAGNE FIGHT』が、初日のオリコンデイリー音楽DVDランキングで1位を獲得した。

事実上の解散日となったリリース日には、メンバーのmotsuが「遂に今日がきてしまった! Webで毎日カウントダウン映像を積み重ねてたから『最後の締め』感がハンパない。そして、ここにようやく辿り着いた、という実感もありますね。『ここから歩き出す祝砲』になるといいなーみんなの。」と、Twitterでコメント。解散を噛み締めながらもファンに向けて15年間の活動の感謝の想いを伝えた。さらにmotsuのこのコメントに対して、ファンは「ラストDVD観て泣きました」といった想いを寄せた。

さらにデイリー1位が確定すると、motsuは「15年間のみんなの大騒ぎが最後にズドーンと世間に轟いたゼゼゼ! ほんっと騒いだもんなあ。 感謝感激ぃー!」と。この発言を引用する形で、yuriも「大感謝‼」と感謝の気持ちを述べた。

m.o.v.eはエイベックスの初期アーティストとして活動をスタートし、約15年間の活動を通して人気漫画『頭文字 D』のアニメ主題歌「Gamble Rumble」や「DOGFIGHT」など多数のヒット曲を世に送り出し、1990年代の音楽業界を盛り上げた。

2012年の10月1日には活動15周年を迎えたが、その2ヶ月後の12月8日に突然の解散発表。2013年3月16日には東京・赤坂BLITZにて活動の集大成と言える解散ライブを約1500人のファンの前で実施した。

◆m.o.v.e オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報