コーネリアス×攻殻機動隊ARISE×FM3ブッダマシーン「GHOST IN THE MACHINE」が登場

ツイート

ブライアン・イーノなど海外アーティストにも愛され、The New York Timesや The Wall Street Journalで取り上げられるなど、いまや世界的に有名になった現代版唱佛機「FM3ブッダマシーン」。この音楽ガジェットが、コーネリアスとのコラボ企画で『攻殻機動隊ARISE』のオープニング曲およびBGM2曲の全3曲を搭載し「GHOST IN THE MACHINE」として発売される。

ブッダマシーンとは北京の電子音楽集団FM3によって開発されたコンパクトなドローン再生機。中国で古くからお経をリピート再生するために使われていたガジェットからインスパイアされて生まれたこのブッダマシーンだが、「GHOST IN THE MACHINE」はそのカスタムモデルで、単三電池駆動で内蔵のスピーカーからコーネリアス作曲の攻殻機動隊ARISE OP曲や映画本編にも登場するアンビエントなBGMが流れるというもの。

なお、収録曲「GHOST IN THE SHELL ARISE」は、当面の間、本商品と配信のみでの発売。配信は、「GHOST IN THE MACHINE」の発売日と同じ6月19日よりiTunes Store、レコチョク、moraほかにて。

また、6月10日にはコーネリアスと攻殻機動隊ARISEのスぺシャルサイトもオープン予定。ここではオープニングテーマ「GHOST IN THE SHELL ARISE」やエンディングテーマのsalyu × salyu「じぶんがいない」のミュージックビデオが順次配信される。

【製品概要】
「GHOST IN THE MACHINE」
仕様:小型スピーカー内蔵ループマシーン
サイズ:(H)9.5cm×(W)6.0cm×(D)2.0cm
ボリュームコントロール/ヘッドフォンミニ端子付
ピッチベンドダイアル/ループ切り替えスイッチ 
電源:単3電池2本使用(別売)
標準価格:3,045 円(送料別)
開発 FM3/発売 (株)フライングドッグ/販売 ビクターエンタテインメント(株)

◆コーネリアス×攻殻機動隊ARISEのスぺシャルサイト(6月10日オープン)
この記事をツイート

この記事の関連情報