長谷川真弓(miaou)とマーシャ・クレラのドイツ・ツアー、始まる

ツイート
2012年秋、初の来日ツアーを行ったベルリンの女性アーティスト、マーシャ・クレラ(Masha Qrella)。そのツアーのハイライトのひとつは、日本のポストロック・バンドmiaouの作曲家でベーシスト、長谷川真弓との共演であった(参照:https://www.barks.jp/news/?id=1000085016)。それは、ベルリンと東京という国境を越えた素晴らしいミュージシャン・シップを私たちに教えてくれた。そして2013年初夏、そのミュージシャン・シップは、ドイツで再び新たなステージを迎える!

6月11日(火)から6月15日(日)にかけて、miaouの長谷川真弓が来独、マーシャ・クレラとのドイツ・ツアーを実施! ツアー・スケジュールは以下のとおり。

・6月11日(火)ベルリン Ausland
・6月12日(水)ニュルンベルク MUZ
・6月13日(木)フランクフルト・アム・マイン Das Bett
・6月14日(金)シュトゥットガルト Merlin
・6月15日(土)カールスルーエ Kohi

今回、長谷川真弓はFelisieというソロプロジェクトでツアーを行う。「Felisieは、バンドmiaouの長谷川真弓による“ドリーム・ポップ・ソロプロジェクト(powerd by Casio)”。miaouの音楽からギターを削って、かわりにシンセサイザー、サンプラー、ドラムマシンをフィーチャー。リズム+ヴォーカル+トイ・キーボードの音色が創りだす夢世界の霞をとおして、彼女が東京で見た風景をFelisieは表現します」と、イベント告知ページには書かれている。

このツアーにさきがけてマーシャ・クレラは、プロモーション・ビデオ「Crooked Dreams」をリリースした。ここでは、2012年の日本ツアーの風景が大々的にフィーチャーされている。

様々な国際文化交流が世の中にはあるかもしれない。だが、このような言わば、“草の根からの”国境を越えたミュージシャンの交流を私たちは見逃してはならないと思う。ドイツ在住の日本人、あるはヨーロッパ在住の日本語が読める人々、必見のライブだ!


文:Masataka Koduka, Berlin

◆Masha Qrellaオフィシャルサイト
◆miaouオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報