噂のロボットバンドZ-MACHINES、ついに演奏シーンを公開

ツイート

噂のソーシャル・パーティー・ロボットバンドZ-MACHINES(ジーマシーンズ)の動画が遂に公開となった。Z-MACHINESが演奏するのは、DJ TASAKAが書き下ろした「POST PEOPLE, POST PARTY」という作品だが、Z-MACHINESの超人的な演奏能力を引き出す楽曲となっている。超人的な…というか人間ではないので、最初から人間の領域を逸脱した連中だ。メカメカしいルックスだが、実際メカなので致し方ない。

◆Z-MACHINES映像&画像

見どころは満載だが、特に注目頂きたいのがギターロボットの倍速奏法だ。BPM=160のテンポで弾くギターソロを、そのまま2倍(BPM=320)、4倍(BPM=640相当)、8倍(BPM=1280相当)と、どんどん速度を上げるという、まさに人間では不可能なプレイをいとも簡単にぶちかましてくれるところだ。こいつらアホや…と笑顔がこみ上げる壮絶なプレイを是非ともその目でご確認を。

撮影は、Z-MACHINESの開発がすすめられている神奈川県の倉庫で行われた。倉庫の中にスモークを焚き、レーザーを噴射、ドラムとギターが鳴り響く中、実際のロボットの演奏をドキュメンタリーで撮影したもので、いわば生録映像である。

そもそもロボットバンドZ-MACHINESは、パーティーをもっともっと面白くしていこう!というコンセプトで登場したバンドだ。プレミアム低アルコール飲料「ZIMA(ジーマ)」が、「世界は日々進化しているのに、パーティーは進化しているのだろうか?」という問いのもと“未来のパーティー”の実現を目指して開発したもの。超人的な演奏を行うアーティストとして、かつてないオーディエンスの一体感を、すべての人が参加できるボーダレスな環境で提供するという“未来のパーティー体験”を実現したわけだ。

なお、6月14日からは、Z-MACHINES played by DJ TASAKA名義で、iTunesでの楽曲配信も開始、6月24日には、デビュー・ライブ「ZIMA presents Future Party」が開催となる。ゲストにDJ KENTAROの出演が追加決定し、既に出演が決定しているGOTH-TRADとともに、Z-MACHINESとの前代未聞のコラボレーションが実現する。なお、恵比寿リキッドルームで開催するこのデビュー・ライブは、先着1000名様が招待されるという。急いでオフィシャルサイトでご確認を。


<ZIMA presents Future Party>
2013年6月24日(月)
@リキッドルーム
東京都渋谷区東3-16-6
会場19:00 開演19:30
ラインナップ:Z-MACHINES、GOTH-TRAD、DJ KENTARO
※先着で1000名様を無料でご招待致します。詳細は、下記サイトをご覧ください。
※事前のご予約は必要ございません。直接会場までお越しください。
※イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。

◆「Z-MACHINES」プロジェクトオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報