メタリカ、リフの在庫は増えつつも、新作のリリースは2015年?

ツイート
メタリカは、曲作り(リフ作り)は順調に進んでいるものの、実際に新作がリリースできるのは2015年になりそうだという。

◆メタリカ画像

ギターのカーク・ハメットは、MTVにこう話した。「俺ら、アイディアはいっぱいある。“リフ・バンク”って呼んでるものがあるんだ。リフ・バンクはどんどんデカくなっている。俺が作り、ロブが作り、ジェイムズが作り、ラーズが作り、リフ・バンクを常にデカくしている」

しかしながら「2013年、アルバムを出すってことはないね。2014年出たら勿怪の幸い、神に感謝だ。もっと冷静になって言うならば、多分、2015年だろう。冷静で現実的には…。でも俺ら、興奮しているよ」

先日、ベーシストのロバート・トゥルージロが、個人的に新作は『Death Magnetic』(2008年)の延長になるのではないかと考えていると話したが、ハメットの見解はこうだ。「そう言うのは、まだ早過ぎる。アイディアはいっぱいあるけど、まだ完成した曲はないんだ。だから、正確なことを言うのは難しい。でも俺ら、できる限りヘヴィでハイ・エネルギーなものを作ろうって考えている」

メタリカは週末(6月8、9日)、自ら開催するフェスティヴァル<Orion Music + More>を終了(今年はレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ライズ・アゲインスト、デフトーンズらが出演)。この後、デンマークのフェスティヴァルでパフォーマンスした後、8月に<Summer Sonic 2013>で来日する。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報