【nexusニュース】「音小屋」夏期講習で4講師陣による4プログラム開講

ツイート


手作りロックフェス「音小屋の灯」を開催し、音楽雑誌『OTONARI』『yajirushi』を発売した鹿野 淳による音楽ジャーナリスト養成学校「音小屋」が8~9月期は夏期講習として4名の講師陣による4つのプログラムを開講する。

その4つとは、音楽ジャーナリストである小野島 大による、「音楽ジャーナリズム、一から十まで」、DISK GARAGE所属のコンサート・プロモーター河津知典による「本当のコンサート・プロモーターになるために」、音楽ライターである柴 那典による「音楽の新しい聴き方、接し方、楽しみ方」、そして鹿野 淳による「音楽メディア、世界一周」です(詳しくは、後述)。さらに実践的で幅広い展開を見せる音小屋に注目だ。

オフィシャルサイトでは各講師のプロフィールやコメントも掲載。

   ◆   ◆   ◆

2年目の音小屋の夏は、今までにない新しい試みに打って出ます。
今までは校長である僕鹿野が1人ですべてを手掛ける学校だった音小屋で、初めて他の講師を迎え、それぞれにクラスを持って頂き、特別な夏期講習を開いてもらいます。勿論、僕も1クラス担当します。
内容は下記にある通り、音楽メディアとして別々の項目に分かれています。それぞれの講師は僕が全幅の信頼をおかせてもらっている方々で、過去にも教鞭を振るった事のある方ばかりです。
具体的に「ライター」「イベント」「新しい音楽ツール」というみんながその裏側や詳しい事を知りたいテーマの奥の奥を、それぞれ6回の中でたっぷりとレクチャーしてもらいます。
所謂専門学校のメディア科とは違う、「近い」関係の中であなたが知りたい事、目指したい事にまっすぐ向かってゆくいい機会になればと思い、このような試みをやってみます。それぞれの講師は音楽メディアの最前線にいる方ばかりです。とびっきりの現場感覚を味わえると思います。
今回の企画は、あくまでも夏期講習としての特別なものですが、これが新たな音小屋の可能性と武器になることを願って開講します。是非、興味のある講座を見つけ、参加してください。待ってます。

鹿野 淳(音小屋主宰)

   ◆   ◆   ◆

・各授業案内&各開催日程
■「音楽ジャーナリズム、一から十まで」
講師:小野島 大(音楽ジャーナリスト)
音楽ジャーナリスト、音楽ライターになるためのノウハウに特化した講座です
~開催日程~(全6回)
8月6日(火)/8月20日(火)/8月27日(火)/9月3日(火)/9月10日(火)/9月17日(火)
※時間は全日程、20時~22時。各授業約2時間。

■「本当のコンサート・プロモーターになるために」
講師:河津知典(DISK GARAGE所属)
コンサート業務の裏側や、イベントやフェスのプロデュースをするまでの諸々をレクチャーします
~開催日程~(全6回)
8月7日(水)/8月14日(水)/8月21日(水)/8月28日(水)/9月4日(水)/9月11日(水)
※時間は全日程、20時~22時。各授業約2時間。

■「音楽の新しい聴き方、接し方、楽しみ方」
講師:柴 那典(音楽ジャーナリスト)
音楽を聴くことの過渡期にあたって、音楽とどう触れ合うべきなのか?
CD以降の具体的な音楽ツールを紹介し、その可能性を探ります
~開催日程~(全6回)
8月9日(金)/8月23日(金)/8月30日(金)/9月6日(金)/9月13日(金)/9月27日(金)
※時間は全日程、20時~22時。各授業約2時間。

■「音楽メディア、世界一周」
講師:鹿野 淳(MUSICA発行人、音小屋主宰)
音小屋校長である鹿野が、雑誌、ラジオ、テレビ、SNS、フェスプロデュースなどを、どうメディアとして位置づけながら活動しているのか? その世界観を実習と共に一周してもらいます
~開催日程~(全6回)
8月8日(木)/8月22日(木)/8月29日(木)/9月5日(木)/9月12日(木)/9月19日(木)
※時間は全日程、20時~22時。各授業約2時間。

・募集の詳細要項
受講料(各授業共通):24,000円(税込)※各講座それぞれの全6回分の授業料です
会場(各授業共通):株式会社FACT会議室(東京都世田谷区北沢2-14-16 北沢プラザビル4F)
参加資格(各授業共通):高校生(15歳)以上の方
持ち物(各授業共通):筆記用具、受講料 ※ブログやツイッターでの掲載等、2次使用されなければ小型の録音機材の持ち込みも可能です。
定員(各授業共通):1クラス12名ずつ(定員を超過した場合、選考をさせていただきます)
応募方法(各授業共通):オフィシャルサイトより、エントリーシートをダウンロードしてご記入の上、メール又は郵送にて送付してください。これまで音小屋を受講した方、ご応募をいただいた方も、改めてエントリーシートをご記入の上、ご送付ください。メールの場合は、必ず件名に「音小屋夏期講習応募」と明記ください。また、再応募の方はその旨も明記してください。その他詳細は、オフィシャルサイトをご覧ください。
選考通知日程(各授業共通):7月下旬までに選考結果を通知します。それまでに合否の通知が届かない場合は、音小屋のメールアドレスotokoya@fact-mag.comにその旨をご連絡ください。
応募締め切り(各授業共通):6月30日(日) 24時まで。 ※郵送の場合、当日消印有効

◆音小屋 オフィシャルサイト
◆音楽のチカラをあなたのチカラに「NEXUS」
◆NEXUSチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報