【ライブレポート】馬場俊英、ツアーファイナルにコブクロの小渕健太郎がスペシャルゲスト出演

ツイート

初のオールタイムベストアルバム『BABA TOSHIHIDE ALL TIME BEST 1996 -2013 ~ロードショーのあのメロディ』を5月にリリースした馬場俊英が、ツアーファイナルとなる東京公演を日比谷野外音楽堂で行った。

◆ババコブ(馬場俊英+小渕健太郎)画像

全20ヵ所を廻る全国ツアーのファイナルは6月23日、日比谷野外大音楽堂。駆けつけた約3,000人のファンが馬場俊英の登場を待ち焦がれている。

8thアルバム収録曲にして2009年の野音ライブでも披露された「明日へのフリーウェイ」がこの日の幕開けとなった。「スニーカードリーマー」や「オセロゲーム」、「君はレースの途中のランナー」など、『BABA TOSHIHIDE ALL TIME BEST 1996 -2013 ~ロードショーのあのメロディ』収録曲から披露されたステージは、7曲目あたりから滝のような雨が降りしきるあいにくの空模様だ。

その雨を弾き飛ばすように客席が歓喜したのが、スペシャルゲストの登場だった。「弱い虫」を演奏し終えた馬場が、MCでコブクロの小渕健太郎を紹介すると、ファンは総立ちとなる。小渕の登場は、ババコブ(馬場俊英×小渕健太郎)としてレコーディングされた楽曲「三つ葉のクローバー」が『BABA TOSHIHIDE ALL TIME BEST 1996 -2013 ~ロードショーのあのメロディ』に収録されたことによるもの。同曲は元々親交のあった2人が2004年、「イベントに向けて一緒に曲を作ろう」と集まって作り上げた共作ナンバーであり、音源としては未発表だったが、制作から9年越しで馬場のオールタイムベストアルバムに初収録された。

客席大興奮の中、「三つ葉のクローバー」が披露される。ババコブとして「三つ葉のクローバー」がステージで演奏されるのは2005年、大阪バナナホールで行われたイベント<トルバドールナイト」以来、実に8年振りのこと。当時、ババコブとしてステージに上がったあのワクワク感の再現は、彼ら自身が何よりも楽しみにしていたことのようにステージ上の2人の表情が生き生きとして爽快だ。そして、「三つ葉のクローバー」を歌い終えたところで小渕の出演は終了か、と思いきや、第二のサプライズが用意されていた。

「9年前のように、もう一度ババコブの2人で新曲を作ってきました!」

これには大歓声が野音の会場にこだまする。バンドメンバーが一時退場し、ステージが2人きりになると一転、場内は静寂に包まれた。発表された新曲のタイトルは「風の中のエバーグリーン」だ。馬場の歌詞に小渕がメロディを乗せたという同曲は、このライブ前日の夕方に完成したばかり。雨音が鳴り響く中、観客は総立ちのまま、2人のアコースティックギターが奏でる初公開の新曲に聴き入っていた。ステージ上は実に和やかなリラックスムード。コラボレーションを楽しむ2人の姿がそこにある。「風の中のエバーグリーン」の演奏終了後には大きな拍手が沸き起こり、空を見上げれば雨が止んでいた。

本編ラストは、オールタイムベストのタイトルにも用いられた「ロードショーのあのメロディ」を披露。興奮のステージがあっという間に駆け抜けた。そして、鳴り止まぬアンコールに応えてステージに姿を現した馬場、そしてここで再び小渕健太郎も登場した。コブクロもカバーした銘曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」のババコブによる熱唱に、会場が最高潮の盛り上がりとなった。

この日のステージは「男たちへ女たちへ」で終了。途中に野音名物の大雨に見舞われたものの、この雨も、うれしいサプライズも、ファンにとって忘れられぬコンサートになったようだ。なお、初披露されたババコブの新曲「風の中のエバーグリーン」は、現在のところ発売が予定されていない。

ババコブ(馬場俊英×小渕健太郎)の「三つ葉のクローバー」を含む、馬場俊英のオールタイムベストアルバム『BABA TOSHIHIDE ALL TIME BEST 1996 -2013 ~ロードショーのあのメロディ』は、このツアーファイナルに合わせ、6月23日よりレコチョクおよびiTunesでアルバム配信がスタートしている。

<野音でピース!2013>
2013年6月23日(日)@日比谷野外音楽堂セットリスト
01.明日へのフリーウェイ
02.スニーカードリーマー
03.オセロゲーム
04.君はレースの途中のランナー
05.青春ラジオ
06.人生という名の列車
07.小さな頃のように
08.スタートライン
09.弱い虫
10.三つ葉のクローバー(ババコブ&バンド)
11.風の中のエバーグリーン(ババコブのみ)
12.平凡
13.ラーメンの歌
14.向かい風は未来からの風
15.勝利の風
16.ロードショーのあのメロディ
ENCORE
01.ボーイズ・オン・ザ・ラン
02.君の中の少年
03.男たちへ女たちへ

◆馬場俊英 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス