【連載】nano.RIPEきみコの「き」は季節の「季」第15回「キオクの引き金」

ツイート

6月になりました。

気候のせいでどうにも嫌われがちな月。
だけど、あたしは結構好きなんです、この季節。
気温はちょうど良いし、湿気の具合もノドにはやさしい。
部屋でシトシト雨の音をBGMにしていると、忘れかけていたキモチをふと思い出したりもします。
大切な出来事の背景に雨があると、普段よりも深くココロに刻めるような気がするのです。

そんな今月は、「忘れたくても忘れられない作品」をご紹介。

音楽編 ―「細胞キオク」nano.RIPE

nano.RIPE流の子守唄。
ぼくらの曲って、悩んで、迷って、もがいて、あがいて、というテーマが多いので、眠る前に聴くにはあまり適していないのでは…
なんてことをある日思って、それならば、と作ったウタです。
ふとしたことがキッカケで思い出す出来事、きっときみにもあるでしょう?
ずっと忘れてしまっていたような小さな小さな思い出たち。
だけど、なにかを引き金にでも思い出せるということは、つまりは忘れていないということなのかも。
アタマでは忘れてしまっても、ぼくらのカラダを作る細胞が覚えてくれていたのかも。
そうだとしたら、忘れてしまうということにそんなに怯えなくていいのかも。
そんな思いを閉じ込めた1曲です。
眠る前に聴いてもらえたら、きっとやさしい夢が見れると思うのです。


読書編 ―「スノードーム」アレックス・シアラー

ほんの少し、いや、だいぶ人とは違った外見をしたエックマン。
「ありえない美の館」と称したギャラリーを経営する彼は、砂粒ほどの大きさでありとあらゆるものを精密に彫刻するという類い稀なる才能を持った芸術家でした。
そんな器用な彼には、密かに想いを寄せるポッピーという踊り子がいたのですが、その容姿の醜さゆえ、想いを伝えることに関しては一転して不器用に。
そんなエックマンがポッピーを手に入れるために考えたのは…?
児童文学作家として有名なアレックス・シアラー氏ですが、この作品はどうにも児童文学とは言いがたい。他の作品ともかなりテイストの違う、いわば異色作。
「青空のむこう」や「13ヶ月と13週と13日と満月の夜」でファンになったあたしには、この「スノードーム」はとても衝撃的でした。それこそ、忘れたくても忘れられないほどの衝撃。
だけど、不思議と何度も何度も読み返したくなる作品で、気が付けば一番好きな作品になっていました。
果たしてこれは愛の物語なのか、それとも…?
「愛」について深く考えさせられる、切なくも愛おしい作品です。

「忘れる」ということの定義はとても難しい。
忘れたくないこと、忘れられないこと、忘れてしまったこと、忘れたふりをしていること。
生きている限り、きっと永遠につきまとうであろうテーマ。
だけど、忘れたくないことを忘れてしまうことも、忘れたいのに忘れられないことも、そんな風に思える出来事があるということが、「忘れる」ということの意味よりもずっとずっと大切なことなのかもしれないなと思います。

nano.RIPEのウタが、あなたの大切なキオクを呼び覚ます引き金になれたらいいなと、そんな風に思います。

nano.RIPE きみコ

TVアニメ『はたらく魔王さま!』エンディング主題歌
ニューシングル「サンカクep」
now on sale.
01.スターチャート
02.月花
03.ツマビクヒトリ

<nano.RIPEライブ・スケジュール>
7月6日 (土) 名古屋 ElectricLadyLand
7月11日 (木) HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
7月14日 (日) 東京晴海客船ターミナル特設ステージ / 野外2ステージ / 室内1ステージ
7月18日 (木) 下北沢 SHELTER
7月26日 (金) 千葉 LOOK
8月23日 (金) Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE- さいたまスーパーアリーナ
8月30日 (金) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
8月31日 (土) 神戸 STAR CLUB / MERSEY BEAT / BACK BEAT (3会場往来自由)
9月1日 (日) 京都 MOJO
9月3日 (火) 大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE
9月7日 (土) 新宿 marble
9月20日 (金) 仙台 MACANA

◆nano.RIPEオフィシャルサイト
◆【連載】nano.RIPEきみコの「き」は季節の「季」チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報