リッチー・ブラックモアのハード・ロック最終章、リリース決定

ツイート
リッチー・ブラックモアズ・レインボーとして行なわれた1995年のワールド・ツアーのドイツ・デュッセルドルフ公演から、歴代の名曲を網羅したハード・ロック時代の集大成映像と音源を収めた『リッチー・ブラックモアズ・レインボー/ブラック・マスカレード~ロックパラスト1995』が、7月31日に日本先行発売される。

◆『リッチー・ブラックモアズ・レインボー/ブラック・マスカレード~ロックパラスト1995』画像

発売の発表と同時に大きな反響を呼んでおり、各販売サイトでは並み居る洋楽ロックの大作をおさえ堂々上位にランクインしている。リッチー・ブラックモア人気は未だ衰えず、こと2CD付初回限定盤は早めの予約がマストだろう。

「威風堂々」~「虹の彼方に」という、レインボーのファンにはおなじみのイントロから始まるショーは、『孤高のストレンジャー』からの最新ナンバーの数々に加えて、「銀嶺の覇者」「ロング・リヴ・ロックンロール」「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」「スポットライト・キッド」など、レインボー時代の名曲の数々をプレイ、ハード・ロック・ギタリストとしてのリッチーの軌跡をたどることができる。

ベートーヴェンの交響曲第9番をロック・アレンジした「治療不可」や、長年演奏されることがなかった「王様の神殿」、そして『孤高のストレンジャー』にも収録された「スティル・アイム・サッド」ヴォーカル入りヴァージョンも披露されている。ディープ・パープル時代の「スモーク・オン・ザ・ウォーター」「紫の炎」、再結成パープルの「パーフェクト・ストレンジャーズ」も演奏されるなど、かつてのリッチーの道程を1時間40分で一望できるヒストリー・ライヴだ。

リッチーはこのワールド・ツアー後、公私のパートナーであるキャンディス・ナイトとブラックモアズ・ナイトを結成することになる。本作はリッチーのハード・ロック時代の総決算であり、ストラトをマーシャルでうならせる最後の勇姿を収めたものでもある。この時のようなリッチーのエレクトリック・プレイはもちろん、多くの楽曲は今後においてもステージでパフォーマンスされる可能性は絶望的な状況にある。この映像は、ロックシーンを牽引した偉大なる影響力の結晶として歴史的価値も大きいものと言えるだろう。

リッチー・ブラックモアズ・レインボー/ブラック・マスカレード~ロックパラスト1995』
7月31日発売
【初回限定盤DVD+2CD】4,980円(税込)
【通常盤DVD】3,980円(税込)
【通常盤2CD】3,000円(税込)
OP.威風堂々~虹の彼方に
1.スポットライト・キッド
2.トゥー・レイト・フォー・ティアーズ
3.ロング・リヴ・ロックンロール~ブラック・ナイト~ロング・リヴ・ロックンロール
4.ハンティング・ヒューマンズ(インセイシャブル)
5.ウルフ・トゥ・ザ・ムーン~治療不可
6.キーボード・ソロ
7.スティル・アイム・サッド~ドラム・ソロ
8.銀嶺の覇者
9.王様の神殿
10.ブラック・マスカレード
11.エーリエル
12.シンス・ユー・ビーン・ゴーン
13.パーフェクト・ストレンジャーズ
14.グリーンスリーヴス
15.ホール・オブ・ザ・マウンテン・キング
16.紫の炎
17.スモーク・オン・ザ・ウォーター

リッチー・ブラックモア(ギター)
ドゥギー・ホワイト(ヴォーカル)
ポール・モリス(キーボードヴォーカル)
グレッグ・スミス(ベース/ヴォーカル)
チャック・バーギ(ドラムス)
キャンディス・ナイト(ヴォーカル)

◆ワードレコーズ・ダイレクト・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報