BiS×非常階段=世界初のノイズアイドルバンド・BiS階段、結成

ツイート

全裸PV、スキンヘッド、ハメ撮り、内臓、血まみれ、釘バット、スクール水着、24時間インストアイベント、ギロチン、家政婦派遣オークションなど、アイドルの価値観をブチ破り続けるオルタナティヴアイドル・BiSと、1979年に世界初のノイズバンドとして活動をスタートし、四半世紀以上に渡りノイズ演奏を続け、“キング・オブ・ノイズ”という異名で国内外に名を知られている非常階段が融合。世界初のノイズアイドルバンド・BiS階段を結成し、1stアルバム『BiS階段』をリリースすることが決定した。

◆BiS階段 画像

音楽シーンの中でも異彩を放つ両グループは、2012年11月四谷アウトブレイクで行なわれたイベント<自家発電 vol.00>で初遭遇。その際に披露された“BiS階段”のコラボライブは、まさにカオスともいえるノイズとアイドルが融合する壮絶なものとなった。

そしてそんなBiS階段のアルバムには、ノイジーでありながらもポップでキャッチーにアレンジされた戸川純の名曲「好き好き大好き」の新録カヴァーのほか、非常階段の手により新たな進化を遂げたBiSのおなじみの楽曲が収録される。そして、ノイズ多めのMIX違いのアナログ盤(DLコード付き)の先行リリースも決定している。

なお、「好き好き大好き」のミュージックビデオも公開中だ。この映像は25台のGo Proを使い、両アーティストの初コラボレーションを行なったライブハウス「四谷アウトブレイク」にて撮影。血塗られたセーラー服、ユンボ、チェーンソー、一斗缶、ギター破壊、汚物(スライム)、赤いメガフォン、豚の首、消火器噴射など破壊の限りを尽くすパフォーマンスは、ハナタラシ、スターリン、じゃがたら、山崎春美、S.O.B階段といったアーティストたちの、数々のライブをオマージュした仕上がりになっている。

また、アルバム発売日の8月7日には、渋谷WWWで<リリース記念LIVE“BiS階段”>の開催も発表された。当日はパフォーマンスが過激なため、入場の際に誓約書へのサインが必要となる模様だ。またそのほかにも、大阪BEARSでのライブや、<夏の魔物><BORO FES>といったフェスの出演も同時に発表されている。

そして、7月2日の19時からは、研究員(BiSヲタの呼称)を自他ともに認める電撃ネットワークのGYUZOを司会に迎え、BiS階段の結成記者会見がDOMMUNEにて放送される。


◆BARKSアイドル
◆BiS階段 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報