cossami、ニューアルバムはクラシック&トラディショナル・カバー作品

ツイート

7月3日、cossami(コッサミ)のニューアルバム『tricolour mermaid(トリコロールマーメイド)』がリリースとなった。

◆「メヌエット」PV映像

懐かしくも新しいクラシックポップスとでもいうべき作品で、世界中の古謡やクラシックの名曲に日本語歌詞を乗せた、オリジナリティ溢れるカバー作品だ。

サラブライトマンや白鳥英美子などクラシック楽曲に英語や日本語を載せ、カバー作品として新たな息吹を楽曲に吹き込んできた先人アーティストに続くべく、cossamiの紡ぎだすサウンドもとても瑞々しく心地よい。透き通るように柔らかい歌声は、穏やかな気持ちにさせてくれる癒し効果に溢れている。

今作ではストリングス、ハープ、バリトン歌手など、多くのクラシックを学ぶ若いアマチュア音大生を演奏家として迎え入れたという。太古から歌い継がれる「ダニーボーイ」「グリーンスリーヴス」の古謡から、「G線上のアリア」「主よ、人の望みの喜びよ」といった名曲中の名曲まで、聴き慣れているはずのメロディに、その初々しい力で新たな息吹を吹き込むことに成功したようだ。

公開された「メヌエット」のPV映像も、その歌声に合わせ、非常に可愛らしい作品となっている。なおボーナストラックには、恩師来生たかおの書き下ろしによる唯一のオリジナル曲「人魚の指先」が収録されている。

7月7日の七夕には、<発売記念LIVE>として乃木神社「七夕祈願祭」に出演する予定だ。


『tricolour mermaid(トリコロールマーメイド)』
POCS-1091 \3,000(税込)
1.グリーンスリーヴス(イングランド民謡)
2.ダニーボーイ(アイルランド民謡)
3.メヌエット(ヨーロッパ舞曲)
4.コンドルは飛んでゆく(アンデス/ロブレス)
5.スカボロー・フェア(イングランド民謡)
6.輝く街 ~主よ、人の望みの喜びよ~(ドイツ/バッハ)
7.くるみ割り人形より「行進曲」(ロシア/チャイコフスキー)
8.時の踊り(イタリアオペラ曲/ポンキエッリ)
9.婚礼の合唱(ドイツ/オペラ「ローエングリン」ワーグナー)
10.ジムノペディ(フランス/エリックサティ)
11.G線上のアリア(ドイツ/バッハ)
12.パガニーニの主題による狂詩曲(ロシア/ラフマニノフ)
13.ボーナストラック:人魚の指先(オリジナル/来生たかお)

◆コッサミ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス