東方神起の新曲「SCREAM」が世界6カ国でも公開の映画『貞子3D2』主題歌に

ツイート

8月に海外アーティストとして初めて、日産スタジアムで単独ライブを行なうことが決まっている東方神起が、9月4日に新曲「SCREAM」を発売することになった。

「SCREAM」は、前作「OCEAN」のさわやかさから一転、エッジの効いた激しいダンスナンバー。今までにない重厚感のあるサウンドで、非常にアグレッシブな楽曲になっている。

さらにこの曲は、8月30日から公開される映画『貞子3D2』の主題歌になることもあわせて発表された。貞子がもたらす恐怖を3D化した、大ヒットアクションホラーシリーズの第2弾で、日本のほかに、ロシア、韓国、香港など世界6カ国で公開されることが決定。そのすべてで「SCREAM」が主題歌となる。

「アジアを中心に世界で愛され続ける東方神起と『リング』シリーズ。その二つの力で、新しい風を起こしていければと思い今回主題歌をお願いしました。」── 小林剛プロデューサー

同曲を含む予告編は、7月4日から映画の公式サイトで、6日から全国の劇場で公開される。


◆BARKSアジアンアーティスト チャンネル
◆東方神起 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報