NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の「暦の上ではディセンバー」がiTunesシングルチャート1位

twitterツイート

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で「潮騒のメモリー」に続く新たな挿入歌として、劇中の人気アイドルグループ・アメ横女学園芸能コース(通称 アメ女)が歌う大ヒット曲「暦の上ではディセンバー」が、急遽配信リリースとなり、iTunesシングルランキングでは早くも1位にランクインした。劇中の大ヒット曲がリアルでもヒットの兆しを見せている。

レコチョク週間シングルランキングでも初登場3位(6月26日~7月2日付け)にランクインと配信チャートを大きく賑わしているこの曲。『あまちゃん』の脚本を手掛ける宮藤官九郎が作詞し、歌詞の内容の面白さが幅広い世代に受けている。

また作曲は『あまちゃん』の音楽を手がける大友良英、に「潮騒のメモリー」の作曲者でもあるSachiko M、劇伴の編曲もやっている江藤直子、劇中のカラオケを作っている高井康生の4人によって制作された。

◆「連続テレビ小説 あまちゃん オリジナル・サウンドトラック」レーベルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス