ポール・マッカートニー、ニルヴァーナのメンバーとザ・ビートルズの曲をプレイ

ツイート

金曜日(7月19日)、シアトルで開かれたポール・マッカートニーの公演に元ニルヴァーナのデイヴ・グロール、クリス・ノヴォセリック、パット・スメアがゲスト出演した。彼らは2012年12月に2度ほど(ハリケーン「サンディ」救済コンサート、TV番組『Saturday Night Live』)共演。グロール制作のドキュメンタリー映画『Sound City』のためにグロールとマッカートニーが共作した「Cut Me Slack」をプレイしているが、今回はこのメンバーでビートルズ・トラックもパフォーマンスしたという。

3人はアンコールで登場、ポール・マッカートニーと一緒に「Cut Me Slack」、ザ・ビートルズの「Get Back」「Long Tall Sally」「Helter Skelter」「Carry That Weight/The End」などを一緒にプレイしたそうだ。

マッカートニーは11月に11年ぶりに来日。大阪(日程/会場は間もなく発表)、福岡ドーム(11月15日)、東京ドーム(11月18,19,21日)でパフォーマンスする。オフィシャル・サイト(Paulmccartney.com)によると、セットリストはザ・ビートルズ、ウイングス、ソロの全キャリアを網羅し、これまで日本でプレイしたことのない曲も披露してくれるという。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報