【Kawaii girl Japan/ライブレポート】BABYMETAL、北の大地でウォール・オブ・デスがスパーク

twitterツイート

「メタルとアイドルの融合」をテーマに結成されたメタルダンスユニット・BABYMETALが21日(日)北海道・いわみざわ公園で行われた<JOIN ALIVE 2013>に神バンドと共に出演、北の大地に初降臨した。

◆BABYMETAL <JOIN ALIVE 2013>ライブ写真


BABYMETALが登場したのは、“FUTURE FLOWER”ステージ。ロックバンドさながらの黒いタオルやTシャツなどのBABYMETALグッズを身につけた多くのファンが、北海道での初降臨となるライブをいまかいまかと待っていると、”キツネ~、キツネ~、ワタシハメギツネ~”というイントロが流れ、メンバーはBABYMETALのロゴが入ったビッグタオルで身体を覆い颯爽とステージに登場した。

最新シングル曲「メギツネ」からライブはスタート。神バンドによる重厚な生演奏と激しいパフォーマンス、「ソレ!ソレ!」の掛け声に合わせて早くも会場は一体となり、「いいね!」、「Catch me if you can」と続いた。”キツネサイン”を掲げるオーディエンスも次第に広がり、メンバーの掛け声に合わせて会場の熱気はどんどん高まっていく。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」、「ヘドバンギャー!!」とMCなしのストイックなステージパフォーマンスが続き、会場にはモッシュや大歓声が涌き起こり会場の盛り上がりも最高潮に達すると、ラストの「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のイントロが鳴り始める。すると、オーディエンスの中にできたサークルがどんどんと巨大に広がっていき、YUIMETALとMOAMETALのステージ上での“ウォール・オブ・デス(かけっこ)”に合わせて、大勢が身体をぶつかり合わせモッシュをする、まさに“ウォール・オブ・デス”が一気にスパークした。さらにサビの「イジメ、ダメ!!」に合わせ、会場の後方いっぱいまでにいた観客が揃って「ダメジャンプ」を行うなど、今回が北海道初出演の野外フェスティバルとは思えぬほどの盛り上がりを見せた。最後は「See you!!」と一言だけの挨拶をし、初の北海道でのパフォーマンスを終えた。

8月には<ROCK IN JAPAN FES.>、<SUMMER SONIC 2013>への出演も控えており、今年の夏フェスの台風の目となりそうな予感をさせたBABYMETAL。12月21日(土)には幕張メッセイベントホールで初のアリーナ公演となる<LEGEND“1997” SU-METAL聖誕祭>の開催が決定している。

Photo by YURI

■Live Schedule
ワンマンライブ<LEGEND“1997” SU-METAL聖誕祭>
12月21日(土) 幕張メッセ・イベントホール
Open 15:00 / start 16:00
※詳しくはオフィシャルホームページ http://www.babymetal.jp/ をご確認ください。

・8月4日 茨城・国営ひたち海浜公園 <ROCK IN JAPAN FES.2013>
・8月10日、11日 幕張メッセ/舞洲サマーソニック大阪特設会場 <SUMMER SONIC 2013>
・9月7日 インドネシア<ANIME FESTIVAL ASIA 2013 INDONESIA>
・9月22日 滋賀県草津市 烏丸半島芝生広場 <イナズマロックフェス2013>

◆BABYMETAL オフィシャルサイト
◆チケット詳細&購入ページ
◆Kawaii girl Japan
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス