<華麗なる激情 Vol.6>速報ライヴレポート、その1【DIV】

twitterツイート

荘厳なBGMに会場が包まれ、出演バンドを紹介する映像が流れ<華麗なる激情 Vol.6>が開演した。トップバッターとして登場したのはDIV。開幕と同時に始まったのは、なんとギルガメッシュの「ALIVE」。<華麗なる激情>では恒例企画であるDANGER CRUE所属バンドのカヴァーコーナーだ。意表を突く選曲に会場は一気にヒートアップしていく。

「リキッドいけるかー!」とベースのちょびが叫び始まった「LOVE IS DEAD」では会場と一体になり、美しさと激しさが同居したステージが展開された。そして続く最新シングルの「ゴールデンキネマ劇場」ではレトロな雰囲気が漂う中、彼らの提示する"レトリーモ"を叩き付けた。「夏の行方」ではモッシュ、タオル回しで会場は熱気の渦に。その熱気をさらに加速させる「毒彩ギーク」でラストを締めくくった。

これから始まる<華麗なる激情 Vol.6>の期待感を存分に煽るステージを見せつけた一幕であった。

■終演直後のコメント
「<華麗なる激情Vol.2>から<華麗なる激情>には”フル出勤”なので、最早自分たちのホームですね。いつも通り、といった感じでライヴができました。ツアーが続く中、自分たちのホームで元気を貰えましたね。また明日からツアーなので、良かったら皆さんついて来て下さいね」──CHISA

取材・文◎BARKS 撮影◎釘野孝宏

■セットリスト
01.ALIVE(ギルガメッシュ Cover)
02.LOVE IS DEAD
03.ゴールデンキネマ劇場
04.夏の行方
05.毒彩ギーク

■プロフィール
2012年4月始動。華麗なる激情Vol.2にて初ライヴを行い、本公演から歴史が始まった彼ら。その後シリーズを通して出演、最早華麗なる激情ではお馴染みの存在だ。最新シングルではレトロなテイストにスクリーモを融合させた“レトリーモ”なるニュージャンルを確立、現在シングルリリースを記念したインストアイベントを全国で展開している。


◆DIV オフィシャルサイト
◆華麗なる激情 オフィシャルサイト
◆華麗なる激情 Facebook
◆華麗なる激情 Twitter
◆BARKS内 華麗なる激情特設ページ
◆BARKS ヴィジュアル系 V-ROCKチャンネル「VARKS」
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報