【インタビュー】BREAKING ARROWS「DAITA:このアルバムはバンドもソロも含め、今までの僕の作品を聴いてきた人によっては意外性が強い作品だろうね」

ツイート


■刺激をぶつけ合いながら作るっていうのは大事だよね
■一番シンプルな作り方だったんで音もそういう方向になった

――話は戻りますが、合宿的な状態で作るなんて久々の感覚だったんじゃないですか?

DAITA:うん。高校生の頃に戻ったような感じだったよね。僕もかつては友達の部屋で一緒に楽器を鳴らして曲作るってことをしてきてるから、忘れてた何かを思い出させてもらったような。“あぁ、これでいいんだな”って。今はテクノロジーが進歩して、自宅で個人で全部作れるような時代になっちゃって、プロデュース業も含めて、自分もそういうことをしていたけど、人とコミュニケーションしながらやってくのって良いなって。全部が自分の気に入るものじゃないかもしれないけど、刺激をぶつけ合いながら作るっていうのは大事だよね。一番シンプルな作り方だったんで、おのずと音もそういう方向になっていったし。

――すごくミニマムですよね。

DAITA:うん。限りなくミニマムな王道のバンド編成で再現できるバンドサウンドを作ろうっていうのはマーティとも言ってたことなんだよね。レッド・ツェッペリンでもヴァン・ヘイレンでもいいんだけど、4ピースでやれる感じって良いよねとか、4ピースでガッツリしたヘヴィロックなバンドって新人ではいないし。そういう思考で始まったので、おのずとサウンドもストレートに伝わるような音楽を追究する方向に。そういう意味でも今まで日本でやってたアプローチとはぜんぜん違う。

――DAITAにこんな引き出しがあったんだと思う人は多いでしょうね。

DAITA:うん。このアルバムはバンドもソロも含め、今までの僕の作品を聴いてきた人によっては意外性が強い作品だろうね。昔から知ってる人、ソロのライヴを見ている人は、頭を切り替えて聴いてもらわないと。今までのものを期待してたら、もしかしたらギター的には物足りない部分っていうのはあるのかも。テクニカルな部分は少ないし、ギターソロもそんなにないから。ただ、全体として僕がやってるギターワークとして聴いてもらうと、すごく深いところを感じてもらえるんじゃないかと。

――私はバンドとして聴かせてもらいました。

DAITA:それが一番正しい聴き方(笑)。

――最近はソロのDAITAのギターを聴く機会が多かったけど、BREAKING ARROWSでは、DAITAのギターの音が、バンドの一員としてのギターの音ですから。それが新鮮。

DAITA:確かに。今まで出した音とはまったく違うからね。それは何故かというと、プロデューサーとかエンジニアの妙でもあるよね。海外の音作り文化の違い。自分が最高な音だと思っても、最終的には違う加工をされていたり、味付け的に他の音がかぶせてあったりとか。そこはプロデューサーやエンジニアの責任で、彼らの名前を看板としてやっていることだから。やっぱりアメリカって、プロデューサーが絶対なんだよね。立ち入らせてもらえない部分もあったり。

――そこは日本とは全然違う?

DAITA:全然違うね。今までだったら全部を自分がチェックして、重箱の隅を突いて、より良くなるんじゃないかってところまでディテールにこだわってたけど、そこまでやらなくて良い現場なんだよね。

――自分が完璧な演奏をしていれば、あとは任せられる?

DAITA:……っていう感じかな。だから新鮮なサウンドができ上がるんだろうね。正直、日本でやってた時は、100%、200%やらなきゃって思うけど、今回は20~30%の力しか使ってない。大丈夫なのかな?って思うくらい(笑)。手を抜いているわけじゃなくて、その20~30%の部分に200%を入れなきゃいけない。自分が持ってるアイデアとか技量を全部詰め込むんじゃなくて、一部だけを使ってどうできるかっていうね。

――その感覚も久々じゃないですか?

DAITA:うん。でも本当のプロとやってるから、自分自身、あまり言うことがなかったというのもあるけど。だけど、デモで弾いてた音がそのまま使われてたのは、“これだけは差し替えさせてくれ”って、差し替えてもらったりはした。まさか本番で使われるとか思わなかったよ(笑)。でも、歌なんかもデモのままのがほとんどなんだよ。

――へぇ~。

DAITA:録り直してるのは少ないね。作ったときのインパクトを全部入れるって感じだから。

――上手く唄えているかどうかってことよりも、ソウルを大事にするんですね。

DAITA:うん。作った瞬間に入るパワーみたいなものを詰め込んでる感じは素晴らしい作業だった。一つのやり方ではあるけど、そういうやり方が本来の音楽なのかもしれないよね。後から構築して、計算していく美学もあるけど。ただ、今作にもノリ一発だけじゃない要素も入ってるけどね。

――今後の予定は?

DAITA:まずは<SUMMER SONIC>で日本初お披露目のライヴがあるけど、まだ名前を知られてないからね(笑)。まずは知ってもらうところから。アメリカでもライヴをどんどんやるし。とにかく現場的に、制作がすごく面白いから、BREAKING ARROWSを中心にしつつも、自分自身の音楽活動もより深くしていけたらいいね。最終的に、こういう経験が、自分が作って行く作品に何かしら出てくるものだから、それがいつ出てくるかはわからないけど、すごく楽しみです。

取材・文●大橋美貴子

『BREAKING ARROWS』
SICP-3853 \2,730(tax in)
01. Intro
02. Tears Falling Heavy
03. Down Low
04. Perfect Drug
05. Under your Influence
06. Hit Me Again
07. Breaking To Pieces
08. In Too Deep
09. Come Back Baby
10. 911
11. Broken Mona Lisa
12. Run
13. Never Stop Dreaming(日本盤限定ボーナストラック)

<LOUD PARK 2013>
10月19日(土)20日(日)さいたまスーパーアリーナ

<SUMMER SONIC>
8月10日(土)RAINBOW STAGE

◆BREAKING ARROWS オフィシャルサイト
◆DAITA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報