元Hysteric Blue、Sabao(シャボン)としてライブを披露

ツイート
元Hysteric BlueのTama(Vo)と楠瀬タクヤ(Dr)によるユニットSabao(シャボン)が、7月29日にお台場のOpenSummerスタジアムで自身初となるライブを披露、力強い歌声で存在感を見せつけた。

◆Sabao画像

このライブは、フジテレビの番組「とくダネ!」の人気コーナー「朝のヒットスタジオ」とのコラボレーションで実現したもの。Sabaoは、多岐にわたるコラボレーションを活動の軸としており、普段はライブ活動を行わないユニットだけに、貴重なパフォーマンスとなった。

この日は序盤からアップテンポなナンバーで盛り上げ、新旧の楽曲を違和感なく織り交ぜながら、本編ラストの「春~spring~」の前にはTamaが「あなたに出会えているのはこのおかげ」というシンプルなメッセージをギターに乗せてポツリと歌い、会場を一段と盛り上げた。

ドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO~』のエンディングテーマに起用された「たからもの」で締めくくる頃には、ポツポツと降っていた雨もいつの間にかあがり、10年経っても衰えを知らない透き通ったTamaの歌声に酔いしれていたファンたちは笑顔で包まれていた。

「アップデート」や「たからもの」を含むコンセプトアルバム『イタズラなKiss~Love in TOKYO SONGS』が7月27日よりiTunesにて配信もスタートし、続々と増えてゆく楽曲群の仕上がりも上々だとか。ライブを含めた更なる展開も期待したいところだ。なおTamaはデビュー15周年の節目となる10月に、ソロとして初のワンマンライブを東京、大阪で行うことが決定している。

<Sabao セットリスト7/29>
1.アップデート
MC
2.会いたくて
3.なぜ…
MC
4.BIG VENUS
5.春~spring~
En.たからもの

『イタズラなKiss~Love in TOKYO SONGS』
7月27日配信開始
iTunes
1.アップデート 作詞作曲 楠瀬拓哉
2.会いたくて 作詞作曲 楠瀬拓哉
3.イタズラRhapsody 作詞 Tama/作曲 楠瀬拓哉
4.さよならわたしの片想い 作詞 西川茂/作曲 楠瀬拓哉
5.Good Bye Namida 作詞作曲 楠瀬拓哉
6.Hey, Mr. Cool 作詞作曲 楠瀬拓哉
7.White Knight 作詞作曲 楠瀬拓哉
8.たからもの 作詞 Tama/作曲 楠瀬拓哉

<Tama スペシャルワンマンライブ~ 15th Anniversary & Birthday ~>
2013年10月27日(日)
@東京 shibuya eggman
17:30開場 18:30開演
2013年11月2日(土)
@大阪 yao silkyhall
16:30開場 17:30開演
オールスタンディング¥4,000(ドリンク代¥500別途)
※入場は整理番号順
この記事をツイート

この記事の関連情報