SoulJaのcutting edge移籍第一弾シングルリリースイベントで河北麻友子が初ライブ

twitterツイート

7月31日にラゾーナ川崎にて、SoulJaのcutting edge(エイベックス)移籍第一弾両A面シングル「雨のち晴れ / What's your name?」リリースイベントが行なわれた。

◆SoulJa、KenJi03、河北麻友子 画像

この日は、シングルのタイトル通りのような天候。朝から降っていた雨が止み、まさに雨のち晴れの中でイベントがスタートした。

オープニングは、自身が作詞作曲を手がけた「Glory」を歌ったSoulJa。続いて、シングルに収録されていて、ミュージックビデオで壇蜜ともコラボレーションしている「What's your name? collaboration with 壇蜜」を盟友・中村舞子を呼び込んでパフォーマンス(ミュージックビデオでは壇蜜だが、楽曲では中村舞子とコラボしている)。ラゾーナ川崎に集まった観客は、中村舞子の透き通るようなハイトーンボイスと絡み合うSoulJaのラップに酔いしれた。

続いて、BACK-ONのボーカル&ギターのKenJi03を呼び込み「雨のち晴れ」をKenJi03のギターリフでスタートさせた。この楽曲は、フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演中の“てっちゃん”こと菅谷哲也の挫折と夢を追いかける姿にインスパイアされた楽曲で、挫折や苦労などの夢を追いかける過程での試練を雨という天気に比喩して表現。雨を過ぎ去るのを雨宿りして待つのではなく、自分の力で、自分の足でその雨雲より上に登って、雨を晴らせようと訴えかける。

そもそもこの曲は、SoulJaとKenJi03がふたりでリリースしていた楽曲。その中で、ただガムシャラに後押しするだけでなく、道しるべや、救いを与えてくれるような存在を表現したいと思い、女優で雑誌『ViVi』専属モデルの河北麻友子に、楽曲の主人公を支えるANGEL役としてボーカルオファーした。

また、SoulJaとKenJi03は河北麻友子のレコーディング終了後、「モノクロだった楽曲の世界観に希望とカラーを添える作品になった」と、表現している。

ライブでは、SoulJaとKenJi03がボーカルとギターでパフォーマンスしていき、DメロになるとSoulJaの呼びかけで、この日アーティストして初のライブを迎える河北麻友子が、楽曲の世界観にマッチした白いドレスをまとって歌いながら登場。ラストサビを3人で熱唱し、リリースイベントは幕を閉じた。

◆BARKSライブレポ
◆SoulJa オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon