アマチュア音楽をぶった斬るFM西東京『世界進出計画』。103回レポート

ツイート

毎週木曜深夜24:00からFM西東京(84.2MHz)でオンエアされている音楽オーディション番組『世界進出計画』(出演:なつし聡、Maika(me-me*)、Kaori)。8月に入り、センチグラム「流星トワイライト」が月間オープニングテーマに選ばれた103回放送の模様をお届けしよう。

◆FM西東京『世界進出計画』でのMaikaとKaori 画像

h.r.z(ホライズン)の「HORIZON」は、曲調からシンセ音に至るまで、まさにプリンスを彷彿とさせる。「懐かしかったですね。歌の方がバンドと雰囲気が違って残念。」とPOU。女性陣は「なかなか最近の感じではないから……」や「どこでノッたらいいかわからない。」とコメント少なめ。

渡辺葉子「Thinking Of You」には、「私の好みとしてはサビに突き抜けて欲しかった」とKaori。「声は綺麗なんですけどね…」とMaika。そして「順当過ぎる」という意見で一致。曲としてまとまりすぎるのもNGなようだ。

番組史上初となるセミヌードのアーティスト写真で登場したのがRicky Typhoon。当人曰く叩かれる気満々で挑んだという楽曲は、これまたバンド名と同じ「Ricky Typhoon」。ハードロックを意識した曲調ながら、ボーカルが弱い。「歌が追いついていない」「女の人だから声が細いので……」「ハイトーンはしっかり声を出して欲しい。」「歌いたい曲に合った声質かどうか。」などなど厳しい意見が飛ぶ。Maikaからは「ぜひボイトレをして、次の曲をお待ちしております。」とのこと。

ニューヨークから帰国し、勝手に自転車で日本横断を始めたという山田飛佑「僕の価値観、君の価値観」。「目標ができたから歌が上手くなった。頑張っている人が好き」と、Maikaはただ熱く、ひたすら熱く語る。そしてその勢いのままボトルキッス……まではいかなかったが、Maikaの独断で(日本横断中なので、番組を聴いているかは定かではないが)ステッカーをプレゼント。とにもかくにも日本横断頑張ってほしい。これが番組関係者一同の願いである。

Atelier Tune「ワンダーランド」。「アニソン歌手ってめっちゃうまいじゃないですか。そこを目指すならもっと上手くないといけない。そうシンプルに思います。」とMaikaが至極当然な指摘。「ボーカルが大事」とは、多くのロックバンドが抱える悩み、だそうだ。「曲の制作能力はある」とはPOU評。

思わず女性陣も声をそろえてしまう、番組最多応募のアタックチャンスからは、文学的なタイトル「路傍の人」。「いいっすね。」とMaika。「哀愁って言葉が似合う感じ」とKaori。「やっぱり自分の歌える範囲で、というのが大切なんですね。」とPOU。「自分が歌って気持ちいいキーと、人が聴いて気持ちいいキーって違うじゃないですか。」と再度、Maika。安定のクオリティがいかんなく発揮されて、本日、唯一のボトルキッス!

【放送された作品】
h.r.z「HORIZON」
渡辺葉子「Thinking Of You」
Ricky Typhoon「Ricky Typhoon」
山田飛佑「僕の価値観、君の価値観」
Atelier Tune「ワンダーランド」
アタックチャンス「路傍の人」

なお番組はサイマル放送でも試聴できるほか、アーカイブはポッドキャストで配信中だ。


text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

◆『世界進出計画』記事まとめページ(出演者情報、応募概要、番組ポッドキャストなど)
◆『世界進出計画』~西東京から世界へ~ オフィシャルサイト(サイマルラジオで全世界試聴可能)
この記事をツイート

この記事の関連情報