スコット・ウェイランド「チェスターに悪気があったわけじゃない」

ツイート
ストーン・テンプル・パイロッツともめているスコット・ウェイランドだが、彼の代わりに加入したリンキン・パークのチェスター・ベニントンには嫌な感情は抱いていないそうだ。

◆スコット・ウェイランド画像

彼は、Billboard.comにこう話した。「チェスターのことは長いこと、知っている。(2001年の)Family Vlues Tourで親しくなった」「チェスターはなにも悪意があってやったわけじゃないと思う。ディレオ兄弟はけっこう説得力あるからな…。なにもショッキングじゃない」

しかし、ストーン・テンプル・パイロッツのメンバーにはひと言ある。「でも…、あんなことするなんて、あいつら、利口だとは思えないね。彼らのやったことは驚きだよ。法的なことチェックもせずに、どうやって(ストーン・テンプル・パイロッツの)名前使うことにしたんだ。別のシンガー雇ってショウやるなんて。あの名前はまだ俺が所有してるっていうのに」と続けた。

ストーン・テンプル・パイロッツはチェスターをフロントに9月に全米ツアーを行なう。そして、彼らは10月に<LOUD PARK 13>で来日する。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報