DMX、破産宣告

ツイート
ラッパーのDMXが破産宣告を受けた。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによると、DMXは現在の資産が5万ドル以下(約490万円)であるにも関わらず、124万ドル(約1億2000万円)の養育費をはじめ、2万1000ドル(約200万円)以上に及ぶ自動車のリース支払額ほか、多くの負債を抱えていることで、7月29日(月)に米連邦破産法11章の適用を申請したようだ。

◆DMX画像

DMXの代理人を務めるドメニク・ナッティ氏は「経済的苦境がDMXのキャリアを長年に渡って妨げてきました。前代理人によるお粗末な財政管理によって、彼はパスポートの保持すら認められない状況に陥ってしまったのです」「今回の破産申請の目的は彼の再起を促すことにあるので、彼は今後海外のファンのためにパフォーマンスをすることができるようになります。したがって、我々は現在、今年の秋にヨーロッパとアフリカでツアーの敢行を予定しております」と声明を発表している。

DMXは先週にも飲酒と無免許運転の疑いで南カリフォルニアで逮捕されていた。しかし、広報担当者の話によれば、DMXはアルコール検知器によるテストをパスし、1235ドル(約12万円)の保釈金を支払った後に、即釈放されたという。

DMXは1996年にスターダムにのし上がって以降、動物虐待や無謀運転、薬物所持、加重暴行、個人情報改ざんなど、多くの罪で度々逮捕されていた経緯がある。
この記事をツイート

この記事の関連情報