KANA-BOON、いよいよメジャーデビュー「大きな夢が叶います」

twitterツイート

大阪・堺発のロック・バンド、KANA-BOONがKi/oon Musicからメジャーデビューすることが決定した。

◆KANA-BOON 画像

KANA-BOONは、谷口鮪(Vo&G.)、古賀隼斗 (G&Cho)、飯田祐馬(Ba)、小泉貴裕(Dr)からなる4人組で、これまで数々のオーディションイベントにてグランプリを獲得してきた。なかでも、<キューン20イヤーズオーディション>で4,000組の応募者の中から見事優勝し、恵比寿LIQUIDO ROOMにてASIAN KUNG-FU GENERATIONのオープニングアクトを務めたことで話題に。

その後、2012年11月から2013年3月にわたり、5ヶ月連続自主企画を開催すると、5公演すべてのチケットはソールドアウト、公演ごとに100枚限定でリリースしたシングルも完売させた。

そして2013年4月に初の全国流通盤『僕がCDを出したら』リリース後は、破竹の勢いでロックシーンをかけぬけ、この夏は各地の夏フェスに引っ張りダコとなっている。週末には、“憧れのフェス”だという、<ROCK IN JAPAN FES. 2013>に初出演も果たした。

<ROCK IN JAPAN FES. 2013>では開演前に早々と入場規制がかかり、観客エリア外にも人が溢れかえるほどの人気ぶりを見せた。観客の期待に応える熱いライブを披露し、谷口鮪はMCで「いつか絶対、僕らはいちばんでっかいステージに立ちますから。ここにいる全員、連れて行きますので」と宣言した。

序盤から熱狂のライブとなるなか、メジャーデビューの発表は行われた。

「そしてもう一つ、大きな夢が叶います。僕らKANA-BOON、9月25日にメジャーデビューします」

そう谷口が告げると、割れんばかりの歓声に包まれ、鳴り止まない拍手にステージ上で4人は深々と頭を下げた。デビュー曲のタイトルは「盛者必衰の理、お断り」(ジョウシャヒッスイノコトワリ、オコトワリ)、『平家物語』や『寿限無』といった古典の一節を大胆に引用した歌詞も印象的なKANA-BOONらしいアッパーチューンになっている。

さらに、10月30日(水)には早くも1stフルアルバムのリリースが決定した。KANA-BOONが踏み出す新たな一歩に注目したい。

1st Single
「盛者必衰の理、お断り」
2013年9月25日発売
1.盛者必衰の理、お断り
2.かけぬけて
3.ハッピーエンド
[初回特典DVD]
LIVE映像収録予定
初回生産限定盤(CD+DVD)
KSCL-2303~2304 ¥1,575 (tax in)
通常盤(CD)
KSCL-2305 ¥1,223 (tax in)

1st Full Album
『タイトル未定』
2013年10月30日発売
KSCL-2315 ¥2,800 (tax in)

1st Mini Album
『僕がCDを出したら』
2013年4月24日発売
RDCA-1030 ¥1,575 (税込)
※再販は2013年10月23日まで
1.ないものねだり
2.クローン
3.ストラテジー
4.見たくないもの
5.眠れぬ森の君のため
6.さくらのうた

◆KANA-BOON オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス