iTunesにライブビデオのページがオープン。初音ミク、山崎まさよしのライブ映像独占配信も

ツイート

iTunesにライブビデオのページがオープンし、ライブ映像が大量追加された。

◆iTunesライブビデオで配信されている作品のアートワーク(一部)

ライブ映像は、これまでもミュージックビデオとして曲単体では配信されていたが、今回、iTunesの「ライブビデオ」コンテンツでは、きゃりーぱみゅぱみゅ、椎名林檎、浜崎あゆみ、矢沢永吉、L'Arc~en~Ciel、LUNA SEA、坂本龍一、東方神起などなど、洋邦多くのアーティストのライブ作品をまるごと1本ぶん購入可能となっている。

なかでも注目なのは、初音ミクのライブビデオ『台湾ファーストコンサート “ミクパ♪”』の iTunes 限定配信。なお、期間限定で同ビデオのオープニング3曲、約10分間をストリーミングで無料視聴することができる。他にも、山崎まさよしの<YAMAZAKI MASAYOSHI: TOUR 2012-2013“SEED FOLKS” in Yokohama>の模様を収めたライブビデオも限定配信される。

また、ライブ映像がiTunes初登場となるL'Arc~en~Cielからは、2012年リリース『LIVE TWENITY』が追加。そのほか、すでに配信されているアーティストでも、たとえばAAAだと、 #AAABC のハッシュタグでも盛り上がった2011年のツアー『AAA Buzz Communication Tour 2011 Deluxe Edition』や、6周年記念ツアーからZepp Tokyo公演の模様を収めた『AAA 6th Anniversary Tour 2011.9.28 at Zepp Tokyo』などがこのタイミングで追加されている。

もっとも、これらタイトルの多くはすでにパッケージとしてリリースされているものばかり。すでに入手困難になっている作品はともかく、比較的新しい作品については「iTunesで購入しても……」という人もいることだろう。しかしながら、今回、iTunesはミュージック、App、ブックに加えて、映画(ライブビデオを含む)がiTunes in the Cloudに対応。これはつまりどういうことかというと、iTunes Storeで購入した映画は、どのデバイスで購入したかに関わらず、ユーザーが持っている他のすべてのデバイス(iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV、Mac/Windows PCのiTunes)に、いつでもどこからでも手動でダウンロードできるようになった、ということ。iTunesでライブビデオを購入しておけば、自宅のMacだけでなく、電車に乗っている時など移動中にもiPhoneやiPadで観ることができるというわけだ。

また、以前に購入した映画も、購入履歴からチェックしてタップするだけで好きなデバイスに再ダウンロードが可能となっている。

■ おもな配信タイトル(一部配信済みタイトルも含む)
初音ミク 台湾ファーストコンサート“ミクパ♪”
YAMAZAKI MASAYOSHI: TOUR 2012-2013“SEED FOLKS” in Yokohama
L'Arc~en~Ciel:LIVE TWENITY
LUNA SEA LIVE TOUR 2012-2013 The End of the Dream at 日本武道館
LUNA SEA: The End of the Dream ZEPP TOUR 2012 「降臨」
椎名林檎: Electric Mole
椎名林檎: Ringo EXPO 08
椎名林檎: 下剋上エクスタシー
椎名林檎: 座禅エクスタシー
椎名林檎: 発育ステータス 御起立ジャポン
椎名林檎: 賣笑エクスタシー
東方神起 LIVE TOUR 2012 ~TONE~
AAA 6th Anniversary Tour 2011.9.28 at Zepp Tokyo
AAA Buzz Communication Tour 2011 Deluxe Edition
AAA TOUR 2012 -777- TRIPLE SEVEN
path_ ryuichi sakamoto playing the piano 2009 - 2011
UTAU LIVE IN TOKYO 2010 A PROJECT OF TAEKO ONUKI & RYUICHI SAKAMOTO
きゃりーぱみゅぱみゅ: ドキドキワクワクぱみゅぱみゅレボリューションランド2012 in キラキラ武道館

iTunes Storeライブビデオ(iTunesが立ち上がります)
この記事をツイート

この記事の関連情報