【nexusニュース】音速ライン、新曲を「ありがとね。福島」にて歌唱 全国に向けメッセージ

ツイート



8月6日(火) 福島県郡山市にて横浜DeNAベイスターズ主催により開催された読売ジャイアンツとの公式戦で、音速ラインが新曲『ありがとね』を歌唱した。

この試合は、風とロック クリエイティブ・ディレクター箭内道彦氏とのコラボレーションのもと、「ありがとね。福島」と題して開催され、横浜DeNAベイスターズ中畑清監督の故郷でもある福島県での公式戦開催にあたり、同じく福島県出身として、様々な復興支援活動をされているクリエイティブ・ディレクター箭内道彦氏が総合プローデュースを行い、さらに福島県出身、郡山在住の藤井敬之がボーカルを務める音速ラインにより箭内道彦氏が作詞した新曲「ありがとね」をオープニングで披露するに至った。

5回裏終了後のイニング間には、「星に願いを」(訳詞:箭内道彦)の楽曲も音速ラインが演奏し、それに合わせA2ボードを来場者全員で掲げ、福島から全国へメッセージを発信した。横浜DeNAベイスターズ球団広報は、「ありがとね。福島」の開催について、「今回のイベント開催につき復興を支援するという思いだけでなく、今の福島県に出来る相応しい形は何だろうと考えた結果、「ありがとう。」という言葉をイベントのキーワードに据え、中畑監督から、福島へ、そしてファンの皆様への“ありがとう”、福島から全国の皆様への“ありがとう”、全国の皆様から福島への“ありがとう”、そして、大切な人への“ありがとう”。色々な意味での感謝の思いを伝えることが、今回福島県で試合を開催する思いに最も相応しいと考え、「ありがとね。福島」と表現した。」と発表している。



震災後自らのツアーで義捐金を募り福島副知事に直接手渡し、また自身で立ち上げた復興支援プロジェクトでグッズ販売の収益金の寄付、チャリティーソングの配信等自分たちができることを自分たちができるかたちでこれまで継続して行なってきていた音速ラインも、この場所で新曲『ありがとね』を披露するに至り、「イベント骨子とまったく同じ気持ちで臨みました。この曲に込めた気持ちが僕らの気持ちそのものです。」と語った。

< RELEASE INFORMATION >
■ タワーレコード限定『ありがとね』
2013年9月4日(水)発売
YRCU-90503 / 500円(税込)
[ 収録我曲 ]
1. ありがとね
2. ありがとね Room Session

タワーレコード商品ページ
http://tower.jp/item/3289910
※ジャケットはメンバーによる手押しスタンプとなります。そのため1枚1枚デザインが異なります。

■ オリジナル・アルバム
2013年10月9日発売

◆音速ライン オフィシャルサイト
◆音楽のチカラをあなたのチカラに「NEXUS」
◆NEXUSチャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報